ブログトップ | ログイン
春になるとバーベキューがしたくなる
8:30am・・今日の波/こしはら・曇り
風が止んで、うねりがまとまっています。

カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)
f0009169_08470193.jpg
春は新しいウエットやボードが欲しくなる季節です。
僕の着ているネックエントリーのフルスーツ、4年目になりますがまだ着れます。
ジャージ素材は、スキンのようにひび割れしにくく縮みにくいので、長く使えます。
ネックエントリーのウエット、まだ着たことのない人は一度試すとその動き安さ、
保温力の高さにびっくりすると思います。
マーヴィーのフルスーツ15%割引キャンペーン、4月10日までです。
f0009169_08472549.jpg
ネックエントリーのウエットは、脱ぐときにコツがいります。空気を胸に入れてから
脱ぐとやりやすくなります。
f0009169_08474262.jpg
4月に仲間のみんなとBBQをしたいと企画しています。
雑誌コーナーに、BBQのレシピプックがあるので、
春にBBQを計画している人は参考に見てください。
f0009169_08481416.jpg
美味しそうなメニューが掲載されています。
f0009169_08580270.jpg
去年から、カフェのアルコールドリンクにバドワイザーが増えました。
f0009169_08483670.jpg
しばらく、井手が浜の駐車場の左奥は、砂のリサイクル事業のため、大きなトラックや
ショベルカーが出入りするようです。
f0009169_08485190.jpg



# by cafe_delmar | 2017-03-23 09:05 | デルマー前:波情報
プロサーファー個人の生き方に僕は興味がある

8:00am・・今日の波/アタマオーバー・晴れ
北風が強く、海は荒れています。

カフェ、今日(水曜)は、振替で休ませていただきます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

f0009169_9465319.jpg
1円レンタル本、少しずつ持ち帰る人が増えてきました。まだまだ補充してあるので、欲しい方はカフェを利用してから見てください。
f0009169_9201019.jpg
冬限定の「あごだし入りカレーうどん」、今期は3月31日で終了になります。
食べたい方は、今月末までに来てください。

サーフ雑誌の最新号(Fプラス)に、3度世界チャンピオンになった
M・ファニングのインタビュー記事が特集されていました。
2年前に、南アフリカのサーフィン大会中に、サメに襲われながら、
奇跡的に無傷で助かったプロサーファーです。

彼の記事を読んでいると、地元オーストラリアで、レンタル用のアパートを所有していたり、小規模な醸造所のクラフトビールのビジネスに出資したりしている。彼は、いわゆるパーティばかり楽しんでいるバカなサーファーじゃない。読書家でもあることが、記事に書かれていた。

世界のトッププロでも、いつかは引退する。すると、それまでいたスポンサーの
多くは離れてしまい、高額の収入は消えていく。そのことを知って、
賢いプロサーファーたちは将来の自分に投資する。そういったサーファーが、
世界にはたくさんいる。(なぜか、日本人のプロは少ない気がします。)

サーフDVDを見て、プロのライディングのイメトレはサーフィンが
上手くなるのに役にたちます。 プラス、そんな世界のトッププロたちの
大会以外での生き方を知ることも、良い気づきを得ることもできます。

サーフスターになっても、ドラッグやアルコールで人生につまづいていく
トッププロも、これまで数多くいました。賢く生きていくためには、
学び続ける姿勢が必要なんですね。


あとがき
僕がお店(デルマー)を始める前に勤めていたサーフ関連の輸入商社は、
業界トップクラスの規模の会社です。

でも、そのスタートは、大阪の1軒の小さなサーフショップからです。
当時、僕が働いていた時、毎朝会社に1番か2番に着いていました。
ときどき2番ぐらいに着くと、社長がビジネス英語のテープを聞いて
学習していたことを覚えています。
(社長は、社内にいるアメリカ人のスタッフとは、すでに十分日常会話を
話せるレベルでした。)それでも、社長は学び続けていました。

サーフィンが大好きな社長でした。夏、台風が近づくと、
朝に和歌山で波乗りした後、会社に来ていました。
ビジネスで成功するサーファーは、サーフィンばかり
一日中しているわけじゃない。
学び続けている人なんだと思います。

f0009169_09120173.jpg

# by cafe_delmar | 2017-03-22 09:07 | デルマー前:波情報
何の根拠もないけれど、行動できる人が自由に生きれると思うんです

13:00・・フラット・小雨

カフェ、今日も元気に営業しています。
お知らせ
明日22日(水曜)は、振替で休ませていただきます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

f0009169_13062508.jpg
f0009169_13064666.jpg
Sかてさんも、3連休、井手が浜に入り続けて波に乗っていました。
最近、海に入る時間が増えて、上達しているのが見ていてわかりました。

はい、次の回です。

おもしろくないテレビドラマのように、続きを見させるために

引っ張るようなことはしません。(!(^^)!

さっそく、前回のブログの答えを書きましょう。


なぜ、心屋仁之助が心理カウンセラーとして成功できたのか?


彼自身が、自分のような仕事をしたい人に向けたアドバイスがその答えです。


「これからセラピストや、カウンセラーになる人は、

絶対マーケティングを勉強してほしいと思うのです。」


セラピーの仕事も、独立してやるなら『商売』だと彼は言っています。

何もしないで成功しているセラピストやカウンセラーもいますが、

そんな特別な能力を持っている人をマネしても駄目だということです。


特別な人はめったにいません。

だから特別なんです。

長嶋茂雄さんや王貞治さんのようなプロ野球選手が、

めったにいないように。


凡人は、凡人ができる努力をするしかない。

凡人の僕はそう思います。

それと、成功している人はあまり過去の失敗した話を

しなくなります。

だから、多くの人はすぐに成功した人と勘違いする。

それで、自分も同じようになれると思う人もいる。

自分の失敗をホンネで語る人は少ないですよ。

そのことを忘れないように、成功者の話を聞くことです。


HIS創業者の澤田さんは、最初に始めた毛皮輸入業では失敗した。

その後、HIS(旅行代理店)を起業し、成功しています。


参照

零細企業経営コンサルタント・講演家・作家(栢野克己)氏の

フェイスブックより一部抜粋。


あとがき

僕は商売を始める前から、ずっと、ずっと今もマーケティングを勉強しています。

それでも、まだまだ学び足りないといつも思うんです。

ただ、学びだけで満足していたら、学生と一緒になります。

行動しながら学び続けるのが、自由に生きる秘訣だと思います。

失敗を受け入れる覚悟があるから、前に歩けるんです。




# by cafe_delmar | 2017-03-21 14:30 | デルマー前:波情報
会社で干された時間を、チャンスに変えた心理カウンセラー
9:00am・・今日の波/フラット・雨
明日は波が大きくなりそうです。

カフェ、今日も元気に営業しています。
お知らせ
明日22日(水曜)は、振替で休ませていただきます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

佐川急便の本社で事務系の仕事をしていた

心屋仁之助は、ある時期会社で仕事を干され、

朝から夜までやる仕事がなかったから、心理系の本ばかり

会社で読んでいた。

それで、心理療法を広める世界に目覚め、会社を辞めて

心理療法のカウンセラーになる。

今は大成功して、本も何冊も出し、心理療法のセミナーも

たくさんの人を集める人気者の心屋仁之助。

そんな彼も、会社を辞めて独立当初はお客さんが来なかった。

また、会社を辞める前に奥さん名義で始めた斉藤一人さんの

銀座まるかんの代理店。

ちらしをつくり、近所に3000部毎週ポスティングしても

注文はゼロだった。


では、そんな最低なスタートから、人気心理療法カウンセラーに

なることが出来たのか。

それは、次の回に。




f0009169_09393412.jpg
f0009169_9282719.jpg
昨日の祝日は、ブログを書く時間もなくカフェの仕事が夜まで続きました。

テイクオフがすごく上手くなってきたTまさん。まだサーフィンを初めて1年半だ。連休の3日間も、井手が浜でずっと海に入っていた。
f0009169_09415569.jpg
f0009169_09423243.jpg
f0009169_09425925.jpg

# by cafe_delmar | 2017-03-21 09:47 | デルマー前:波情報
自分を変える勇気のない人に、お店の人は本音を言えない。

9:00am・・今日の波/すね・晴れ
今日もポカポカした春の日になりそうです。

カフェ、連休中も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)


昨日の朝、40分だけ海に入る。ヒザモモ、たまにセット腰。7’6(230㎝)のファンボードで、ショルダーの張るグーフィの波を楽しめました。リップしなくても、楽しめる波乗りもありですね。今年初めてサーフグローブをしないで入りましたが、やっぱりまだグローブはした方がいいと思いました。
f0009169_09275526.jpg

f0009169_09204431.jpg

f0009169_09285669.jpg

最新号のサーフ雑誌、届いています。ソフトボードの特集は、おもしろい記事でした。
雑誌コーナーに置いてあります。

中谷彰宏さんの本の中で、共感した話がありました。

『美容師さんは、ホンネを言えないのです。
ホンネを言うと、お客様が別の美容院へ逃げて
しまうリスクがあるからです。』
参照/「見た目を磨く人はうまくいく」中谷彰宏著

なぜなら、お客様は、自分の好みを優先するからです。
自分の気に入っている髪型にする。
それが、美容師さんから見たら、『ちがう髪型が似合うのに』
と思っていても。

だから、美容師さんは、ちがう髪型が似合うから
変えた方がいいとホンネを言えないんです。
お客さんは美容師さんのアドバイスより、自分の好みに
こだわっている人が多いから。


僕がなぜ美容師さんの話に共感したかというと。
たまに、サーフィンで知り合ったお客さんで、今その人が
使っているサーフボードを変えた方がいいと思う人がいます。
その人に向いていない、あまり波に乗れないボードを
使っている人です。

僕が、『こんなボードの方が乗りやすいですよ』と
アドバイスしても、ほとんどの人は変えません。
自分の好みを優先するからです。
自分よりレベルの高い人のアドバイスを素直に聞けない人は、
壁ができてもなかなか乗り越えられません。

自分の好みを変える必要はないですが、ホンネでアドバイス
してくれたときに、一度試してみる勇気があると、
一段上のレベルに成長できるチャンスが生まれると思います。

試してダメだったら、ちがうなと思ったら、また自分の
好みに戻せばいいんです。


あとがき
ホンネで付き合える人って、ほんのわずかしかいない。
やっぱり、人は相手に嫌われそうなことを言うのは、
やめておこうと思うんだと思います。
僕もそうですから。


# by cafe_delmar | 2017-03-19 09:47 | デルマー前:波情報
人から買うから、知らないことを学べるんです。
カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

朝9時過ぎに海を見ると、ひとりで波乗りしていたSかてさん。セットは腰ある
f0009169_21035020.jpg
f0009169_21031965.jpg
フルスーツを買うなら、15%引きの今がお得です。オーダー料も無料。納期は約2週間です。リーシュ(ロング・ショート用)、お店にいつもおいています。
f0009169_21050973.jpg
f0009169_21053329.jpg

5年以上前まで、お店にときどきランチを食べに来ていた

サーファーの常連さん(Bさん)がいた。

(今はもう海でも見かけなくなりました)

冬に、サーフブーツの代わりに、ホームセンターで似たような

モノを安く買って、海で使ったら寒くてダメだったと言っていた。

(当たり前だよ、どんだけケチやねん) 

サーフボードも、ネットで安く買っていた。

安く買うことは別に悪いことじゃない。

ただ、モノを買うことしかできない。

買い物のとき、経験と知識を持った人から買わないから、

何も学べない買い物です。

今週、たまにランチを食べに来る県外のサーファーさんが、

リーシュを買いに来た。

まだ、サーフィンを始めて1年か2年ぐらいの人だ。

レジで、僕がリーシュは2年以上経つと切れやすくなるから、

2年以内に交換した方がいいよと教えてあげると。

知らなかったですという返事。

(たまに、永久に使えると思っている人がいます)

いろいろなサーファーさんとお店で知り合い、話をすると、

意外とサーフボードやウエット、道具の知識がない人が

多いことに気づきます。

ネットで安く買うのもいい。

でも、人と人がつながらない買い物では、必要な知識は

教えてくれない。

ワンクリック、定価より安く変えた。

やったー!

そんな世界が好きな人は、僕とはつながらないことは確かだ。

僕は、お客さんの顔が見える商売しかやらない。




# by cafe_delmar | 2017-03-18 21:18 | デルマー前:波情報
無かったことにできないから、その笑顔が作れるんだね
9:00am・・今日の波/ヒザモモ・晴れ
ロングなら楽しめそうな波です。

カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

毎日笑顔でいるマスターになろう。
f0009169_09182269.jpg

f0009169_09175958.jpg

今日からひとりで登校する春樹。
2月からいっしょに登校していた6年生のIち君が、今日卒業式だから。
f0009169_09144754.jpg
f0009169_09173780.jpg


昨日、テレビを見ていると、福島県南相馬市小高町

の旅館のおかみさんが紹介されていた。

去年の7月に避難区域解除になった町。

おかみさんは、それから旅館をまた再開した。

従業員は、他に誰もいない。

旅館の前の駅前商店街に、歩いている人もほとんどいない。

避難解除後に町に戻った住人は、約1割の千人を

少し超えた程度。

だって、約5年間人が住めない町だったから。

(原発の放射能の影響で)

それでもロケに来たタレントに、おかみさんは笑顔で話す。

その笑顔がすばらしくいい顔している。

けっして美人というわけではないけれど、そのおかみさんの

顔は、僕にはどんなきれいな女優より、とても魅力的に見えた。

ロケに来たタレントが、おかみさんに住人の1割しか

戻って来なくて、「商売的にも不安じゃないですか」と質問して、

「どうしてそんなに笑顔でいられるんですか?」と聞いた。

おかみさんは、たしかに原発事故前は1万人以上の住人がいた。

でも、原発事故後、誰もいなくなった。

(強制的に避難させられたから)

避難解除前に町に一時帰宅すると、町は音のない世界だったという。

そんな0の状態から、千人以上も今はいるじゃないと答えた。

そうだ、おかみさんは、原発事故を無かったことにはできないと

思っているんだ。だから、避難区域になり、誰もいなくなった

灰色の町から、少しでも住人が戻り、町に色が少し見えただけでも、

うれしいと本気で思っている。

質問したタレントは、原発事故前の1万人以上いた頃の

ことから比べているから、悲観的な思いが先に立つのだろう。

おかみさんは、原発事故前の町と比べてもしょうが

ないことを知っているんだ。

原発事故を無かったことにしていない。

その後からの0からのスタートだと。

今あるもので幸せですと思える人なんだ。

だから、今笑顔でいられる。

正直、僕はそのおかみさんの話を聞いていると、

涙が出てきました。

僕も商売をしています。

自分だったら、そんな状況で笑顔でいられるかな。

そう自分に問いかけました。

悲しい出来事を笑顔に変えることができる人に

たぶん僕はなれないだろう。

ただね、やっぱり自分が笑顔にならないと、まわりがもっと

暗くなってしまう。
商売人なら、まわりを明るくしないとダメだよな。

小高町の旅館の女将さんから、本当のサービスとは

何かを教えてもらいました。

あとがき

旅館の名前は、双葉屋旅館です。

(福島県南相馬市小高町)

JRの駅から近いです。





# by cafe_delmar | 2017-03-17 09:24 | デルマー前:波情報
地域の人に好きになってもらえるように、長く続けることがいちばん大事。
9:00am・・今日の波/クローズ・曇り
まだ海は荒れています。

カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

小学校6年の頃の悠人と春樹と真樹ちゃん。
f0009169_9513419.jpg

僕たち夫婦が結婚する前に、大阪でときどき食べに
行っていた南船場にあるお店「アマーク ド パラディ」。
1995年にオープンしたお店です。
3年ぐらい前に、久しぶりに行くとまだありました。
むかし通ったお店がまだあることは、うれしいもんです。
その頃のことをお店で想いだせるから。

「アマーク ド パラディ」を1号店として始めたオーナーは、
その後、次々とお店を作り、10店舗以上の飲食店のグループの
経営者として成功しています。

そんな社長のインタビュー記事が掲載されている本を
再読すると、気になる事が書かれていました。
オーナーの佐藤さんの実家は、京都で35年間スナックを
されていました。
そのお父さんがいつも言っていた言葉が書かれていました。

『長く続けることは、もうけすぎないこと』

3月の確定申告が終わると、「いつも儲かっていないなぁ」
と思うことが多い僕です。

そんなとき、佐藤さんのお父さんの言葉を思い出そうと思った。
もともと、儲けることばかり考えて商売をやっている
わけではない。
やっぱり、長くお店を続けたいという気持ちが強い。
お店に通ってくる人たちと会い続けたい。

ただ、ちょっと欲が出て、もう少しお金があれば家族で
海外旅行へ行けるのになぁと思ってしまう。
まだ行ったことのない、波のある場所へ旅したいと。

まぁそんな僕の欲も、少しは実現できるぐらいは稼いで、
『また来ますね』と、言ってもらえるお店づくりを
続けていこうと思います。


参考文献
『レストラン王になろう2』 中谷彰宏著
# by cafe_delmar | 2017-03-16 09:56 | デルマー前:波情報
波に対する表現は、人と同じじゃなくてもいいと思います。
9:00am・・今日の波/クローズ・曇り&雨
強い北風で海は大荒れです。
週末には、サイズダウンしてくるでしょう。

カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

先月、新婚旅行でプーケットに行った仲間のサーファー、Oちゃんから
お土産に頂いたタイのビール。
予想通り、波は全くなかったそうです。プーケットのサーフシーズンは、5月から10月なので。
f0009169_952954.jpg


少し前に書いた、フィッシュボードのドルフィンスルーのやり方です。
f0009169_9552454.jpg


19歳からサーフィンを始めた僕は、プロサーファーが
乗るようなサーフボードを、30代中頃までずっと
乗っていました。
いわゆる、180センチ前後のペラペラなボードです。

僕がサーフィンを始めた当時は、サーフィンブームもあり、
海に行くと、99%がショートボードばかり。
地元(大阪)のサーフショップへ行っても、ショートボード
しか置いていませんでした。

そんなわけで、ショートに乗るのが当たり前の世代の僕には、
プロサーファーのような薄くて、ターンがしやすいボードに
乗るのがあたり前のように感じていました。
プロが大会(競技)で、得点が出るようなサーフィンするのが
目標でした。

30代半ば過ぎから、波が小さい日に薄いショートボードは
楽しめないことに気づき、7‘2ぐらいのシングルフィンの
ファンボードを作って、小波の時でもスイスイ波に乗れる
ようになって、満足できるようになりました。
その頃には、もうショートボードでターンすることばかりに
こだわることをしなくなりました。


40代になると、小さな波の時でも楽しめる短いボード、
5‘8(173cm)のフィッシュ系のボードを、よく使う
ようになりました。
フィッシュ系のボードは、トライフィンのコンペ用の
ショートと違い、厚みがあり幅広いボードです。
コンペボードより、浮力が強いボードです。
浮力が強いと、小さな波でパワーがない日もボードが走ります。

フィッシュボードを使うようになり、波乗りの新たな
楽しさに僕は気づくことができました。

そんな僕の34年の経験でわかったことは、サーファーの
センスや技量、運動神経よりも、まずは、どんな
サーフボードを使うかで、波に乗る楽しさが変わってくる
ということです。


最近読んだブログですが、、共感した50代の元プロサーファー(ナキ)
の記事(ブログ)を要約して紹介します。

「ペラペラボードは賞金稼ぎをしているプロたち、そして
その予備軍には良いかもしれないが、乗りこなすためには、
ほぼ毎日サーフ出来る環境があり、更には辛い日でも
サーフorトレーニングし、懸命にサーフし続けるものだけが
乗れることができるのだろう。」

毎日のように海に入れないサーファーは、プロが大会
で勝つことばかりのサーファーが使う同じような薄い、
ペラペラボードは無理があるという内容です。
(元プロサーファーの意見なので、説得力ありますね)

今までの先入観だけでものごとを考えるのはやめにして、
自由な発想でサーフィンも楽しんでみる。
20代の時の僕は、まわりの人と同じ先入観だけにとらわれていました。
今は多くの多様な情報を、サーフ雑誌以外からも得ることができます。
業界やメディアだけの情報で洗脳されない時代になりました。
まわりと同じじゃなくてもいい、自分だけのオリジナルな波乗りの
スタイルを楽しむことができる時代になったんだと思います。


あとがき
ロングボードでも、プロが使うような薄くて軽いボードを
使う人がいます。
特徴としては、ボードが軽くなり、ボードが簡単に
動くようになります。

ただ、フォーム&EPS素材で軽くして作っているということは、
ボードの耐久性があまりない(長持ちしない)ということです。
このことを理解してない人の話をたまに聞きます。


僕がサーフィン業界の仕事をしている30代の時、
日本チャンピオンになったこともあるプロサーファーと
話をした時に聞いたことです。
『僕は年間に、平均40本以上、スポンサーからボードを
作ってもらっています』

トップレベルのプロは、無料でたくさんのボードがもらえます。
3か月でサーフボードが壊れても平気です。
耐久性よりも、大会でたくさんターンができたり、
エアーを決めて、勝つことができるボードを求めています。
勝つことが仕事だからです。

一般の人が求めるボードとは基準が違います。
そのことを理解して、プロが使うようなボードを選ぶ
かどうか考えてみてください。


8年前に僕のサーフィンスクールを受けてサーファーガールになったIたさん。
僕が薦めた最初のボード、サーフテックのファンボードを気に入って、
今もずっと乗り続けてくれています。
気に入ったボードを乗り続けるスタイルもありです。
f0009169_9583559.jpg


# by cafe_delmar | 2017-03-15 10:04 | デルマー前:波情報
心の痛みは、時間が経っても忘れられない。
9:00am・・今日の波/アタマ前後・曇り
北風が強く、海面は荒れています。

カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

今、自分がいる場所を大事にすることが、僕の目標でもあります。
f0009169_9282719.jpg


先週末は、東北大震災の日でした。
大きな悲しみを負った人がたくさんいます。
ニュース番組は、そんな人たちの特集をたくさんしていました。
テレビを見ていると、そのときの悲しみをずっと持った
人たちがたくさんいることに気づきます。

大切な人を失った人は、時が経っても、簡単には
忘れられないことがわかります。


僕も少し前に、忘れられない事の夢を見ました。
それは、35歳のときに当時勤めていた会社が業績不振になり、
リストラがあり、僕もリストラされました。
好きな仕事でした。
夢の中で、そのリストラされた事が出てきました。

もう20年近く前の話です。
それでも、夢に出てきました。
やっぱり、ショックを受けたことって、なかなか
忘れないものなんですね。

震災で受けた大きな悲しみの人に比べたら、僕の出来事なんて
たいしたことないのですが、それでも、夢で思いだすぐらい
僕にはつらい出来事だったんだと思いました。

人それぞれ、心に痛みを感じることは違います。

時間が経てば忘れるとよく言われますが、
心で感じた強い痛みは、そう簡単には忘れるもんじゃない。
忘れたくても、忘れられないこともある。
それが、生きているということなんだと思った、
僕の見た夢の話でした。


あとがき
今の僕にとっては、好きだった仕事をリストラされた経験が
あったから、自分の生き方を変えるチャンスにもなりました。
だから、あの時(リストラ)は仕方なかったなと思います。
ただ、自分が居たい場所にいれなくなったということは
とてもさみしく、つらい出来事だった。
# by cafe_delmar | 2017-03-14 09:32 | デルマー前:波情報