ブログトップ | ログイン
カッコ悪いなんて、弱者は気にしてはいけない。
7:00am・・今日の波/クローズ・雨
強風です。

カフェ、本日(月曜)はお店の定休日です。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

花粉がもう飛びだしているのかな? 最近、目がかゆい日が増えた僕です。
f0009169_85065.jpg


f0009169_852221.jpg


僕の好きな福岡の零細企業経営コンサルタント、
講演家、栢野克己さんが去年の12月に出した本が
売れています。
「小さな会社の稼ぐ技術」日経BP社。

アマゾンの中小企業経営部門ランキングで
1位になりました。

なぜか

もちろん本の内容が、中小の会社経営や、
個人商店の経営に役立つことが具体的に
書かれているのはもちろんですが、
それだけで売れているわけではありません。

栢野さんは、講演&セミナーで行った街の書店に
必ず立ち寄り、店員さんに本の営業をしています。
地元福岡の書店にも出向き、書店員さんへ営業をして
著書の販売をお願いしています。
頭を下げて書店をまわり、著書を紹介しています。

本を出版する人はたくさんいますが、自ら本屋へ出向き、
書店員さんへ自分の本の販売をお願いして回る人は
ほとんどいません。

なぜでしょう

そう、カッコ悪いからです。

本を書いて出版するのはカッコいいかも
しれませんが、自分の本をもっと売って
くださいと、書店員さんへお願いするのは
カッコ悪いと思う人が多いから。

でも、栢野さんは知っている。
ランチェスター戦略を。
その方法を実践している。

だから売れている。

弱者は、売れている作家(強者)が
しないことをやらないと勝てない。

僕ももっとカッコ悪いことをやろう。
変なプライドは、自分のビジネスを成功
させたいなら捨てることだ。


あとがき
栢野さんは、新卒で入った会社を鬱になり辞めてから、
転職を繰り返したのち、起業するも失敗。
その後、実家の負債1億以上を抱えるが、実家の
資産売却と自ら返済を続け、完済する。
その間、ランチェスター戦略を学び、もう一度
起業して成功。
しかし、結婚20年で3度の鬱(うつ)を繰り返し、
妻がうつ病やがんになっても、妻をいたわる気持ちが
なかったのが原因で、20年を過ぎて奥さんから
離婚を言い渡される。
別れてから、奥さんに感謝の気持ちが
強くなったという栢野さん。
今は、ひとりで最新刊の著書の販売に一点集中。

失敗がたくさんあるのが当たり前の人生。
それでも、やり直す気持ちが強ければなんとかなる。
栢野さんの生き方を知ると、そんな気持ちになりました。
by cafe_delmar | 2017-02-06 08:10 | デルマー前:波情報