ブログトップ | ログイン
仕事と休みの区別をはっきり分ける人は、フリーランスにはなれない。
9:00am・・今日の波/ヒザモモ・晴れ
青空が見える良い天気です。
小さいですが、きれいなうねりです。ロング向きの波ですね。

カフェ、今日も元気に営業しています。
来週の月曜日は、カフェ営業します。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

花粉症のため、ときどきお店でマスクをしている僕です。
f0009169_91721100.jpg


休日の読書
f0009169_9174647.jpg


今週は2日間(木・金)と、特別にお店を休みました。
休んでいる間、遊んでばかりしていたのか。

サラリーマンなら、金曜日の夕方、タイムカードを押したら、
月曜の朝まで仕事以外の好きなことをして給料をもらう。

だが、フリーランスの人はそうはいかない。
企業や団体、組織に専従していないので、自らの才覚や
技能でしか給料をもらえない。

簡単に言うと、フリーランス(個人事業主)は
時間を売って給料をもらっているわけではない。

例えば、飲食店の場合、週末だけの2日間の営業で
月に100万円稼げるオーナーと、週に6日営業しても
100万円の月商が稼げないオーナーもいる。

働いている時間で給料が決まらないのが、
フリーランス(個人事業主)だからだ。

やらされている仕事ばかりに慣れている人は、
フリーランスにはなれない。
自分から次の目標を決めたり、チャレンジする気持ちを持って、
行動できる人がフリーランスになれる人の条件だ。

だから、僕もこの休みの2日間、自分のレベルを上げることに
時間をつかったり、チラシの文章を作ったり、宣伝のプランを
考えたりしていました。
でも、それはやらされていることではありません。
自分から、動いていることです。

たぶん、仕事と自由な時間をつなげて考えれる人が
フリーランスに向いているんだろうな。
遊びの中に仕事に役立ちそうなことを入れたり、
仕事の中に遊びの要素を入れて楽しんだり。

休日に、セス・ゴーディンの著書『出し抜く力』を読んで、
あらためてそう思いました。

フリーランスになりたい人に、もしくはなっているけど、
更に自分を成長させようとしたい人、収入を上げるために
行動したい方に向いている本です。


あとがき
セスの本を読んだのはこれで3冊目かな。
簡単に彼の経歴を紹介します。
アメリカで、今、最も影響力のあるビジネス書作家。
元ヤフー副社長。世界的なベストセラー作家。


そんな彼が今回の著書の最後にこう書いていた。

「上司に指示されたことをきちんとやれば給料がもらえる
という約束は、もはや幻想であって現実ではない。」

「もはや、自分たちが望む以上のスピードで変化しなければならない、
という事実が突きつけられているのだ」

最後に、仕事をつまらない日課だと思う人と、楽しいダンスだと思う人。
その違いが、あなたの将来を明るくするか、暗くするかを左右する。
セスの本を読んで、あらためてそう思うフリーランスの僕です。

セスの著書で読んだ本です。
『紫の牛を売れ』
『マーケティングは「嘘」を語れ』
by cafe_delmar | 2017-03-04 09:20 | デルマー前:波情報