ブログトップ | ログイン
一流の遊び人になる方法とは?
8:00am・・今日の波/ヒザ・晴れ
ロングなら乗れそうな波です。

カフェ、今日も元気に営業しています。
(明日13日(月曜日)は、定休日です)

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

昨日、夕方5時前に海に入りました。
波はあまりよくなかったけど、Sかてさん、Tまさんといっしょに楽しめたので、
良い気分転換になりました。その後お店に戻り、カレーの仕込が終わったのが23時でした。
f0009169_845215.jpg


子供たちもいっしょに。
f0009169_8452152.jpg


常連のお客さんで、あるサーファーの方が、
フィッシュボードでドルフィンスルー
(ボードを海の中に沈める)ことが難しいと
言っていました。

フィッシュボードは少し厚めのボードが多いので、
浮力が高い分、ボード沈めにくくなります。
(そのかわり、パワーのないとろい波ではテイクオフが早く、
スピードに乗った波乗りが楽しめます。)

僕は彼に教えました。
ボードを沈める時に、ふつうのショートのように平行に
ノーズから沈めないで、ノーズを少し斜めに沈めるように。
すると、抵抗が減り、浮力があるフィッシュボードでも、
ノーズが海の中に沈みやすくなります。

浮力の強いショートボードを使っている人は、
一度試してください。


サーフィンは、自分一人だけで続けていても、
なかなか上達しません。
早く上達するためには、技術があり、経験が長い人に
教えてもらうのが自分のレベルを上げる近道です。
ただ、テクニック(技術)だけ上手い人に教わってもダメです。
どんなスポーツにもマナーがあります。
マナーを無視して楽しむ人は、誰からも尊重されません。

そのマナーを理解している、自分より文化レベルが
高い人に教わることがコツです。

僕が教わりたいと思ったサーファーは、二人います。
デューク・カハナモクとトム・カレンです。
デュークは、1912年と1920年のオリンピック
100メートル自由形の金メダリストです。
トム・カレンは、サーフィンの元世界チャンピオンです。

そのデュークが残した言葉のような行動をとれる
サーファーになりたい。

「波は果てしなくやってくる。
だから心配する必要はない。
誰かに譲り他の波に乗ればいいだけだ」

テクニックだけの人は、品がありません。
野球でもサッカーでも、試合を見ているとその選手に
品があるかどうかわかります。
どういうことかというと、他の選手を尊重できるかどうかです。
品のある一流の選手が、ほんとうに尊敬されるのです。


テクニックがあるだけで、マナーを無視する、
品もない、そんな選手はまわりから嫌われます。
自分が一番だと思う人は、学ぶ姿勢はありません。
だから、いつまでも3流レベルの人格です。

遊びの先生は、自分より文化レベルの高い人から学ぶ。
それが一流の遊び人になる秘訣だと思います。


あとがき
僕のスクールを受けた方や、カフェの常連さんのサーファー
さんのサーフィンに関する疑問や質問など。
僕の波乗り歴34年の経験からわかることでしたら、
いつでも本気で答えさせていただきます。

僕が小波用に使っているボードも、厚みがあり、幅が広いので、かなり浮力があります。
だからドルフィンする時は、コツを使って素早く沈めます。
f0009169_849467.jpg


ボードは、5’8(173㎝)のクアッドフィン(4枚)設定です。
by cafe_delmar | 2017-03-12 08:55 | デルマー前:波情報