ブログトップ | ログイン
プロサーファー個人の生き方に僕は興味がある

8:00am・・今日の波/アタマオーバー・晴れ
北風が強く、海は荒れています。

カフェ、今日(水曜)は、振替で休ませていただきます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

★ペンションは、一日一組限定です。
ビーチまで歩いて1分。
(ランチタイムの11時から15時までは厨房作業のため、電話に出れない場合があります。)

f0009169_9465319.jpg
1円レンタル本、少しずつ持ち帰る人が増えてきました。まだまだ補充してあるので、欲しい方はカフェを利用してから見てください。
f0009169_9201019.jpg
冬限定の「あごだし入りカレーうどん」、今期は3月31日で終了になります。
食べたい方は、今月末までに来てください。

サーフ雑誌の最新号(Fプラス)に、3度世界チャンピオンになった
M・ファニングのインタビュー記事が特集されていました。
2年前に、南アフリカのサーフィン大会中に、サメに襲われながら、
奇跡的に無傷で助かったプロサーファーです。

彼の記事を読んでいると、地元オーストラリアで、レンタル用のアパートを所有していたり、小規模な醸造所のクラフトビールのビジネスに出資したりしている。彼は、いわゆるパーティばかり楽しんでいるバカなサーファーじゃない。読書家でもあることが、記事に書かれていた。

世界のトッププロでも、いつかは引退する。すると、それまでいたスポンサーの
多くは離れてしまい、高額の収入は消えていく。そのことを知って、
賢いプロサーファーたちは将来の自分に投資する。そういったサーファーが、
世界にはたくさんいる。(なぜか、日本人のプロは少ない気がします。)

サーフDVDを見て、プロのライディングのイメトレはサーフィンが
上手くなるのに役にたちます。 プラス、そんな世界のトッププロたちの
大会以外での生き方を知ることも、良い気づきを得ることもできます。

サーフスターになっても、ドラッグやアルコールで人生につまづいていく
トッププロも、これまで数多くいました。賢く生きていくためには、
学び続ける姿勢が必要なんですね。


あとがき
僕がお店(デルマー)を始める前に勤めていたサーフ関連の輸入商社は、
業界トップクラスの規模の会社です。

でも、そのスタートは、大阪の1軒の小さなサーフショップからです。
当時、僕が働いていた時、毎朝会社に1番か2番に着いていました。
ときどき2番ぐらいに着くと、社長がビジネス英語のテープを聞いて
学習していたことを覚えています。
(社長は、社内にいるアメリカ人のスタッフとは、すでに十分日常会話を
話せるレベルでした。)それでも、社長は学び続けていました。

サーフィンが大好きな社長でした。夏、台風が近づくと、
朝に和歌山で波乗りした後、会社に来ていました。
ビジネスで成功するサーファーは、サーフィンばかり
一日中しているわけじゃない。
学び続けている人なんだと思います。

f0009169_09120173.jpg

by cafe_delmar | 2017-03-22 09:07 | デルマー前:波情報