ブログトップ | ログイン
身銭を切って学べるかどうかで、器量の大きさな人間になれるかわかる。
8:00am・・今日の波/ひざ下・晴れ
ロングなら、テイクオフはできそうな小波です。

カフェ、今日も元気に営業しています。

ペンションのGWの予約が少しずつ入ってきているので、
お泊りの予定の方は、早めに申し込みください。
電話もしくは、直接のメールで受付しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

今週の月曜日に氷ノ山へスキーに連れて行ってもらい、スキーが大好きになった春樹。
スキーを教えてくれたSなえさんのおかげです。
f0009169_08525394.jpg
f0009169_08544121.jpg
f0009169_08550583.jpg
昨日、オーダーして届いたネックエントリーを取りに来てくれたHさんにウエットを渡す時に気づいたこと。
それは、ウエットがすごく軽いということ。今まで、冬に5ミリのスキンのウエットを着ていた人なら
わかると思いますが、5ミリのスキンは重いんですね。だから、パドルも夏に比べるとしんどくなっていた。
それが、ネックエントリーのウエットなら、解消されるんです。
だから、冬も夏のような動きができるんだと思います。
f0009169_950738.jpg
f0009169_18311013.jpg
飲食業界の経営者で、僕が尊敬する人の会社が、今月、東証マザーズに上場した。
知っている人も多い人気ラーメン屋『一風堂』を運営している会社、「力の源ホールディングス」の
会長の河原成美さんです。

26歳で刑事事件を起こし、会社をクビになる。その後、兄の紹介で居ぬきの5坪のお店(30万円の資金から)
博多でレストランバーを一人で始める。3年間休まず毎日営業した。(自分との約束で)
30歳のときには大人気店となり、河原の年収は1千万を超えていた。

普通なら、そのレストランバーの延長線上で商売を広げる。
だが、河原は『きれいな女性の集まる、おしゃれでカッコいいラーメン屋をやりたい』と思った。
ラーメンのことは素人の河原。地元の長浜ラーメンのお店に修行に行くことにした。
店主に、1年間修業して、その後は自分のお店を開きたいと言ったら、100万円の授業料を
明日持ってこいと言われた。
河原は100万円を払った。

まわりの友人たちは、「アルバイトとして働いて、技術を盗めばいいのに」と言った。
だが河原は、身銭を切ることにより、真剣さが増し、身銭を切った分だけ、
技術を身に着けようと必死になった。
その真剣さが、のちに『全国ラーメン職人選手権』のTVチャンピオンの3連覇につながる。

子どもの時は無料(ただ)でもいい。ただし、大人になって何かを真剣に学ぶためには、
身銭を切ることがどれだけ大事なことか、河原は教えてくれる。
身銭を切るから真剣さが増す。
何でもタダで覚えようなんてする人は、けっきょくちゃんと覚えることができないか、
時間がかかる。100万円のラーメン授業料を払ってから数十年が経った。

今月、河原成美は、自身が保有する会社の株は、時価数十億になった。
河原は著書にこんなことを書いています。
『飲食業に携わる人間は、自身も含めて、自分との約束を破り続けた人間が多い』

僕も40歳までの自分を振り返ると、弱かったなと思います。
自分との約束が守れない自分がいた。
だから、河原さんの生き方に共感するのだろう。

一度は失敗した河原さんだから、人生の再スタートを切る人に向けてこう書いていました。
自分と約束をし、責任を負わなければ絶対にうまくいかない」

1952年生まれの河原成美という生き方、知れば知るほど、熱くなる何かが伝わってきます。
自分との約束を2度は破らないと決めた男の生き方は、河原成美さんの自伝とも
いえる次の2冊を読んでみると、もっと深く知ることができます。

参照『五輪書』河原成美著
『凡人が天才に勝つ方法』会津泰成著

☆河原さんの講演CDは、『九州ベンチャー大学』栢野克己さんのホームページから購入できます。
河原さんの熱い言葉、すごく伝わってくる話し方です。

by cafe_delmar | 2017-03-29 09:16 | デルマー前:波情報