ブログトップ | ログイン
一発逆転があるから、マーケテイングはおもしろい。
6:30am・・今日の波/フラット・晴れ

お知らせ
3日(月)・4日(火曜)の2日間、カフェ休ませていただきます。

ペンションのGWの予約が少しずつ入ってきているので、
お泊りの予定の方は、早めに申し込みください。
電話もしくは、直接のメールで受付しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎。

レンタルボード&ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。
f0009169_02164749.jpg
カフェの中から見える日本海。
f0009169_02170469.jpg
金曜に開かれる夜市で屋台をオープンしたものの、
初日のお客は二人だけ。翌週も3人だけ。
そんなすぐにつぶれそうな屋台を、半年後に、長蛇の列ができる
状態に変えて、お店を8店舗まで広げた韓国の女子大生の記事を、
朝日新聞の別冊日曜版で読みました。

韓国では、大卒の半分は就職できないという。そんな先の見えない
韓国を出て、フィリピンへ渡った女子大生。
フィリピンでは、『韓流』ファンが多いとわかり、韓国料理
の屋台を思いついた。いざ始めてみると、全然売れない。
そこで、あることを考えた。
それが当たり、屋台ビジネスを成功させた。
それが何かはここでは書かない。新聞を読めばわかるから。

商売のおもしろいところは、例えば、料理の味とお店の場所は
流行らなかったときと同じだけど、自分で考えたり、気づいた
マーケティングの手法を試してみたら、それが当たって、
いっきにお客さんが増えてくることがある。

少し前のブログで書いた愛知県のケーキ屋さんで、売り上げを20倍に
上げたお店も同じだ。ケーキの味とお店の場所は流行らなかったとき
と同じだった。
なんで、そんなことができるのか?
考えて、考えて、更に考えているからです。それで、思いついたことを
実行しているからです。

僕の35年以上つき合っている親友は、大阪で居酒屋を経営しています。
バブルの頃は、すごく流行って儲かっていたそうです。
でも今は、苦しい経営が続いていると言っていた。
どうやって集客しようか、本気で考えていないからです。
景気が良かった頃は、ただお店を開けていればお客が来ていたからです。
その頃の思考から、僕の親友は変わっていないからです。
自分から変わる気のない人には、アドバイスは意味がありません。
だから、僕は親友には何も言いません。
言ってもムダだとわかっているからです。

つぶれかかった屋台を繁盛店に変えた韓国の女子大生のように、
どうしたらいいのか、本気で、考えて、考えて続けて、行動に移せる人が
変化をもたらすことができるんです。
それが、マーケティングのおもしろさだと僕は思います。

あとがき

有名な経営コンサルタントは、今の時代、新聞なんて読まなくていいと
ブログに書いていたことがありました。僕は10代の頃から新聞を
読むのが好きだったので、その意見には賛成できなかった。
好きだから読む。それでいいと思っている。
おかげで、役立つ話を読んだりすることもある。スマホのニュースでは
深く知ることができない内容が、新聞にはあると僕は考えている男です。
by cafe_delmar | 2017-04-03 07:20 | デルマー前:波情報