ブログトップ | ログイン
子どもを育てながら波乗りを続けることは
8:00am・・今日の波/ヒザ・雨

カフェ、今日も元気に営業しています。
お知らせ
今週は、(水曜日)に振替で休みます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎

レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

去年から、お店の手伝いを良くしてくれるようになった悠人。我が家は、
家とお店の手伝いをしないと、小遣いを渡さないからかな?
f0009169_08242143.jpg
f0009169_08244641.jpg
先週のBBQの時に飲んだ島根の「ゆず酒」。飲みやすいので、久しぶりに二日酔いになりました。
f0009169_08250332.jpg
子どもを育てた人ならわかるが、子供を育てていくには、自分の自由
な時間がかなり少なくなる。
他には、おカネもかかる。サーファーなら、波乗りする時間
も減ってしまう。
(なかには、子供がいても子育てに協力しないで、波乗りばかり
している人もいるけど。)
まぁ、ちゃんと子育てしている親なら、子供との時間や、学校行事、
塾の送迎、スポーツクラブの送迎などにかかわる時間がかなり増えるので、
独身の時のように波乗りばかりしている自由は少なくなる。
それでも、波乗りを止めないで続けていく。

そんな僕と同じ50代の大阪で飲食店を経営されているサーファーさんが、
お店に寄ってくれました。
二人の子供を大学まで行かせて育てている途中だ。子育てや学費で、
波乗りする回数は少ないと言っていた。僕も二人の子供(8歳・14歳)を
育てているので、Uださんの話に共感した。

他にも、岡山からときどき海に来るサービス業の40代の男性も、
子育てしながら波乗りを続けている。
親になると、自分のやりたいことばかりは優先できない。

それでも、僕は子供を育てて良かったと思う。家の中で聞く子供の声は、
いい気分にさせてくれる。子どもの話し声が聞こえないときは、
少しさみしい気分になる。
子どもがいるだけで、幸せな気持ちになることがある。それが自分の
家族を持つことの良さかもしれない。
子育て中のサーファーは、波乗りは自由に
できないけれど、続けていく気持ちがあれば、ずっとサーファーだ。
僕は、そんなサーファーが好きだな。
by cafe_delmar | 2017-04-11 08:40 | デルマー前:波情報