ブログトップ | ログイン
社会人になったら、おカネの知識を学ばないと損をするかも。
7:00am・・今日の波/フラット・晴れ
朝から強い南風が吹いています。
日本海は、南風が吹くと波が消えます。

カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎

レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。
お一人でも泊まれます。

クジラを虹の上に描く発想が、アーティストな真樹ちゃん。
f0009169_07494452.jpg
f0009169_07500951.jpg
f0009169_07502517.jpg
看板は全て手作りだから、字が上手くないねー!

f0009169_07552348.jpg

今年になってから、新聞やテレビなどのメディアで

銀行のカードローンの高額貸し付けが社会問題に

なっていることが取り上げられている。

年収の低い人で、返せないとわかっていても、

銀行が貸し付けて、高い利息を取る。

90年代だったかな、消費者金融会社がテレビCM

ばんばん流して、おカネを個人向けに貸し付けていた。

当然、高い利息です。

これもその後社会問題になり、政府が改正貸金業法で、

消費者金融は「年収の3分の1超」を超える貸し付けは

禁止された。

銀行は対象外です。

その抜け穴に入り、良心のない銀行が、まともに

返せないとわかっている人にも、カードローンで

おカネを貸し付け、高い利息で儲けている。

この問題の新聞記事を、いくつか見たときに思いだした

ことがあります。

中学生の時からの親友Hは、15年ぐらい前に

自己破産しました。

当時のHの年収は僕より上でした。

外車にも乗っていました。

そんなHがなぜ自己破産したのか?

消費者金融におカネを借りていたからです。

話を聞いたら、50万借りに行った時、窓口の女性から、

あなたの年収なら、もっとお貸しできますよと言われて、

50万のつもりが80万借りたそうです。

それから借金を繰り返し、返せなくなったそうです。

僕より稼いでいたH

給料が安かった僕。

ぼくとHの違いは、おカネの知識だけだった。

おカネに関する本は、本屋に行けばたくさんあります。

おカネの勉強は自分でするしかありません。

学校では教えてくれません。

収入が高い人も、少ない人も、おカネに関する知識は

同じぐらい必要です。

でないと、銀行や金融会社にだまされます。

(たとえば、よく大手スーパー・イ〇ンのチラシに、

リボリング払いで買えばセール価格で買えると

いう内容が書いてあります。

リボリング払いで買うと、月々の支払いは確かに

楽になるかもしれませんが、払う総額は高い利息

が付いて、セール価格の商品代より、かなり高い

金額になります。)

金融会社は、消費者にばれないように、

そんなことはチラシに書きません。

だから僕は、おカネの勉強を続けていきます。


あとがき

詐欺や損しないように、気をつけるコツがあります。

それは、両面思考をいつもすることです。

相手がなぜそんなことを勧めるのか?

自分が得することばかりの面を見るのではなく、

相手がそれをやってなぜ得するのか?

両面思考でものごとを考える癖をつけると、

お金に関するおかしな話にだまされないと思います。



by cafe_delmar | 2017-04-25 08:00 | デルマー前:波情報