ブログトップ | ログイン
好きな者同士で話がしたいよね。
8:00am・今日の波/ひざ下・晴れ(快晴)

カフェ、5月7日(日曜)まで、
GW期間は休まず営業します

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
40歳以上の方、大歓迎

レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。
お一人でも泊まれます。
f0009169_08185946.jpg
f0009169_08193479.jpg
f0009169_08200226.jpg
昨日の夕方、波が小さいけど海に入るSかてサンにつられて、僕も海に入りました。
意外と乗れる波で、ショートでも走れる波でした。Sかてさんのおかげです。
グリーンのきれいなロングボードは、大阪の名シェイパー、石原さんが作ったボードです。
(デルマーでオーダーできますよ。)
f0009169_08201383.jpg
いつもどんな小さな波でも、海に入って波に乗る岡山のKよちゃん。テイクオフがかなりうまくなっています。
f0009169_08202641.jpg
学校が休みになった春樹。朝は、宿題の時間です。

つぶれない本屋さんの正体の話の続きです。

零細経営コンサルタントの栢野さんが、数百軒の

書店まわりの営業で気づいたこと。

つぶれないお店の特徴が、2つあるそうです。

  1. 仕入れをトーハン(業者)任せにしないで、店主の

    目利きで仕入れている。

  2. お客さんと接近戦で販売している。

    僕が前からこんな本屋さんがあれば良いなと

    思っていたのは、②のことです。

    ほとんどの本屋さんは、ただ本を棚に並べているだけで、

    店員さんが接客してくれることはほとんどありません。

    ただ、レジでお金を受け取るだけです。

    本が好きでよく買いに来ている人がいたら、読んだ本の話や、

    話題の本の話など、いろいろと本の話をして、お客さんと

    本を通した関係性を作ればいいのに。

    そしたら、その本屋さん(店員さん)のファンになるのに。

    でも、ほとんどの書店は、自動販売機のような味気ないお店だ。

    なんでもそうだけど、人は自分の好きなことを話したいし、

    聞きたいと思っている。

    例えば僕は旅と波乗りが好きだから、友だちや、

    知り合いのサーファーさんが、海外や日本のどこか

    遠くへ旅してきたら、すごく聞きたくなる。

    本が好きで書店を経営、もしくは働いているなら、

    もっと本の話をお客さんとしたらいいのに。

    そんな本屋さんが全国にはあると聞いたりしますが、

    僕はまだ出会ったことがありません。

    そんなわけで、ほとんどアマゾンで本を買っています。




by cafe_delmar | 2017-05-04 08:30 | デルマー前:波情報