ブログトップ | ログイン
社会に出て、自分の自由を作るのは簡単じゃない。ときには、命も犠牲にする。
8:00am・今日の波/ヒザコシ・曇り
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
今年のスクールのスタートは、4月中旬からです。
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAXも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。お一人でも泊まれます。

お知らせ
21日(日曜日)は、青谷小学校の運動会のため、カフェはお休みさせていただきます。
f0009169_08533817.jpg
f0009169_08540531.jpg
f0009169_08544489.jpg
ロングボード用のリーシュ、新色が入荷しました。(ニータイプもあります)
f0009169_08551107.jpg
4月に届いた6’8のウッドコアモデルのボンザーボード、デルマーでボードを買ったことがある人は、無料で試乗できます。
腰ぐらいのサイズの時に乗ると、スピードが出ておもしろいです。ボードはEPSを使っているので、軽いですよ。

久しぶりに映画を観ました。

ブラット・ピット主演の映画『フューリー』。

2次世界大戦のドイツ軍と連合軍の戦いで、

ある戦車に乗る5人の兵士の物語。

激戦の中、ベルリンを目指して進撃していく中の

激しい戦場。

その世界をリアルに描いている。

戦争と言う狂気の世界があるのを観ていて感じる。

激戦の中、5人の兵士が仲間を守るために、

自分を犠牲にしていく。

命を懸けて戦場の日々を過ごした仲間だから。

2次世界大戦の連合軍として戦ったアメリカ。

あれから72年以上も経っているのに、

今もアメリカは兵士を戦場に送り続け、

若い兵士は死んでいる。

アメリカの兵士の多くは、貧困世帯から集めていると

本で読んだことを覚えています。

お金(給料)と引き換えに、自分の命を危険にさらす

アメリカの兵士。

貧困によって職業の選択が限られている

アメリカ社会。

(アメリカの大学の授業料はかなりの金額です)

アップルを創業したジョブスも大学には進学しましたが、

家が裕福でなかったため、家族に負担をかけないために、

中退しています。

戦場にいる兵士は、好きで兵士になっている

わけではない。

家族の暮らしを守るため、自分の生活を作るために

兵士になる選択をしている。

自分の自由を選んで生きていくことは、

簡単じゃないんだな。

それはアメリカに限らず、日本も同じだと思います。




by cafe_delmar | 2017-05-17 09:06 | デルマー前:波情報