ブログトップ | ログイン
苦しくて、泣いて受けた検査があった。
7:00am・今日の波/こしはら・曇り
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。お一人でも泊まれます。

車に突っ込まれて壊された看板と柵、来月に直せることが決まってホッとしました。
また真樹ちゃんに、くじらと虹の絵を描いてもらいます。

f0009169_07120726.jpg
f0009169_07111140.jpg

がん専門医が言ってました。

『余命宣告で当たるのは、3分の1ぐらいです』

NHKの医療番組を見ていたら、ある優秀ながんの専門医が、

ガンの余命宣告の当たる確率は意外に低いと言う。

確かに、僕のお店の常連客の中でもいます。

もう10年ぐらい前かな?

その女性は乳がんで余命宣告を受けましたが、

今も元気に暮らしています。

そう、ガンの治療に成功したからです。

医者の言うことは正解ばかりじゃない。

僕もね、もう18年ぐらい前です。

大阪の大学病院で、主治医からクローン病の腸の検査で、

痛くないからお尻からカメラを入れて調べましょうと

言われました。

痛くないのなら、いいですよと受けました。

死ぬほど痛くて泣きました

うそつくなよ!

だから、もう2度とカメラの検査を受けないと決めました。

それでもし再発したり、ガンになってもいい。

痛い検査はこりごりです。

医者に余命宣告を受けなくても、僕たちみんなは、

神様から余命宣告を産まれた直後から受けています。

だってそうでしょ。

死なない人間はいませんから。

いつかは死ぬ。

だから、自分の人生を大切にして、まわりの人にも

優しくして、好きなことを楽しんで生きようと思います。

苦しくて痛い思いしてまで、僕は生きたくないんです。

ほんと、医者はウソつきが多いと思っている僕です。

(医者で読んでいる人がいたらすいません。

あなたのことではないので、

ウソはつかないで診察してください。)




by cafe_delmar | 2017-06-17 07:23 | デルマー前:波情報