ブログトップ | ログイン
人には忘れられない言葉があります。
9:00am・今日の波/ヒザ・曇り
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます

昨日の夕方、春樹と波を見に行くとヒザ波があった。
f0009169_09020386.jpg

f0009169_09024698.jpg


ツタヤを運営する会社(CCC)の社長、
増田宗昭さんの著書『増田のブログ』に書かれていた言葉です。

「この人とはやって行けないなぁ、と思ってしまった『一言」には、
その人の生き方や考え方が出ている。
つまり、
相手のことを大事にする生き方ではなく、
自分中心の生き方だとわかってしまう一言で、

そういう人とは仕事ができないなぁと思ってしまう。」

これって、仕事関係だけじゃないですね。
友人関係も、いつも『自分、自分』ということばかり
考えている人は、まわりの人を大切にしないなぁと思います。

お店でいろんな人に出会うと、その人の生き方が見えて
くるときがある。
増田さんの、「人生を変える一言」という話、共感する話でした。


あとがき
最近思いだした言葉があります。

今は湘南で暮らしている友人のサーファーが、
もう9年ぐらい前かな?
僕たち家族は土曜日にお店を休んで、井手が浜の駐車場で、
サーファーの常連客の仲間たちとBBQをしました。

そのとき、その友人が僕に
『マスター、お店が忙しい土曜日に休んでBBQしてもらい、
ありがとうございます』
そう言ってくれました。

その一言って、相手のことを大事に思うから出る言葉だと思うんです。
9年たっても、その人の生き方が出ているやさしい言葉を、僕は忘れられない。

by cafe_delmar | 2017-08-25 09:09 | デルマー前:波情報