ブログトップ | ログイン
覚悟持って生きることを教えてくれた映画。
9:00am・今日の波・フラット・晴れ
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます

サーフィンだけじゃなく、映画と本と旅、それとビールが大好きなカフェのマスターです。
f0009169_09031809.jpg

一年でいちばんお客さんが増える8月も、

そろそろ終わりに近づいてきました。

毎日、お店が終わる夜には、疲れて何も

したくないような日が続きました。

そんな8月に、アマゾンビデオで観た映画。

『ゴッドファーザーⅡ』

1974年の作品なので、主演のアル・パチーノが

若くてカッコよかった。

ただ、それ以上に良い演技をして、印象深いのは、

ビトー・コルレオーネ(ゴッドファーザー)

若い頃を演じたロバート・デニーロだ。

この頃のデニーロは痩せていて、すらりと

した体型でした。

1900年初頭に、イタリア・シシリー島から

アメリカへひとりで移住した10代のビトー。

今でいうと、難民のような存在だった。

その後、家族を支えるために、ニューヨークの

リトルイタリー地区で必死に働くビトー。

やがて、マフィアを作り組織を大きくしていく。

その動機は、自分の家族を守るため。

孤児としてアメリカにわたってきたビトー。

自分の家族を守ることは、自分の命を懸けても

いいと思える覚悟があった。

ゴッドファーザーは、たんなる暴力とマフィアを

描いた物語ではない。

家族を守るため、男はどうやって生きていくか。

そして、それがいつしか組織を守るために優先順位が

変わっていく。

観終わった後から、いろいろな思いや考えが

浮かんでくる映画です。

覚悟を持った生き方とは。

この映画から学べるひとつでした。

あとがき

ロバート・デニーロは名優なので、たくさんの

映画に出演しています。

そんな中で、デニーロの僕が好きな映画は

『ミッドナイト ラン』1988年の作品です。

ロードムービー的な内容で、今でも

すごく覚えている映画です。



by cafe_delmar | 2017-08-29 09:09 | デルマー前:波情報