ブログトップ | ログイン
過去の記憶がよみがえる小説を読む。
8:00am・今日の波/アタマ前後・雨
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

f0009169_08225004.jpg
そろそろ冬用ワックスも必要ですね。
f0009169_08221562.jpg
f0009169_08211767.jpg

久しぶりに伊集院静の小説を読む。

この人の本は、これまで20冊以上は読んでいる。
僕の好きな小説家です。

読んでいると、心がときどき軽く痛いような

気分になる。

小説に出てくる男や女の人が、まるで自分のすぐ近くに

いるような気持ちなる。

その多くが、なぜかせつない生き方だ。

他人に笑われることを何より許せないと思って生きた

主人公の男(ユウジ)が、友だちのエイジにこう言われる。

「人間はな、人の前でバカできへんかったら・・・、

しょうもないんと違うんかい。

他人に笑われてなんぼのもんと違うんかい」

そんなことをエイジはよく言ったが、

最後はユウジに笑われるのが嫌で、一人で死んでいった。

そんなユウジとかかわる愚者たち3人が、

次々とこの世を去っていく小説だった。

ふだんつき合っていた人が、いなくなってから

その人といた時間の価値に人は気づく。

そんな寂しさを思い出させるのが、伊集院静の小説だ。

あとがき

読み終わると、また伊集院静の小説を読みたくなる。

次はどんな生き方をした男や女が出てくるのかと。

また会いたいと思わせる、愚者の小説家だ。



by cafe_delmar | 2017-10-22 08:30 | デルマー前:波情報