ブログトップ | ログイン
40歳を超えて、サーフィンを始める人に知ってほしいこと。
夕方の波/クローズ・晴れ
明日は波が落ち着いてきそうです。
お知らせ
11月6日(月曜)から8日(水曜)の3日間、カフェお休みさせていただきます。


カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

パーリングを避けるコツは、進行方向へ目線を向けてパドルすることが重要です。

f0009169_22574610.jpg
お尻が下がっている、正しいテイクオフの動作です。
f0009169_22580386.jpg
下の画像は、お尻が高くなってしまっている間違ったテイクオフです。
f0009169_23082321.jpg

f0009169_23030446.jpg
ソフトボードは、パワーのない小さな波でもテイクオフが簡単にしやすいボードです。
プロサーファーの方も、実践して証明しています。

f0009169_22585062.jpg
プロが使うようなボードは、初心者には必要ない。
40歳以上の方で、ときどきしか海に行かない人は、ソフトボードを買って始めることをお勧めします。
デルマーでは、あなたに合ったサーフボードを購入することができます。

先月、ポルトガルでおこなわれていたプロサーフィン

世界大会の試合をネット配信で見ました。

世界のトッププロのライディング、テーマを決めて

見ていると、良い学びになりますね。

草野球のバッターと、プロのバッターとでは、

ボールを打つスイングの速さなんかが違います。

仮に、プロの強打者が使っている同じバットで

ボールを売っても、一般人ではプロの選手ほどは

飛ばないでしょう。

どんなスポーツも、プロと一般人の技術はレベルが違います

サーフィンを始めようとする人で、ショートの

プロサーファーと同じようなボードから始める人がいます。

僕も20代の頃はサーフ雑誌を読んで、プロが使うような短い

ボードを見て、同じようなボードを買っていました。

今考えると、失敗でした

上達するまで、遠回りしていたと思います。

(ほんとになかなか上手くなれなかった僕でした)

もっと初心者に乗りやすいボードを選んで

買えばよかったと。

自分の経験があるから、今ならそれがよくわかります。

でも、その知識と経験が当時の僕にはなかった。

ただその当時(80年代)は、サーフショップの人たちは

ビギナーに乗りにくいショートばかり売っていたので、

買うほうの僕が選択することはほぼできない時代でした。

(35年前はインターネットもなく、サーフショップでしか

サーフボードは買えませんでしたから。)

当時はサーフボードが飛ぶように売れていたので、

売ってあげるというお店の姿勢が強い時代でした。

今、僕がサーフィンスクールを12年続けて

1,000人以上の人たちに体験してもらって気づいたこと。

それは、自分のレベル、体力、ライフスタイルに合った

サーフボードを選んで続けてほしいということです。

プロサーファーのようには、いきなり波にはうまく

乗れないのがあたりまえです。

段階を得て、ボードを変えていきレベルアップして

いくことだと思います。





by cafe_delmar | 2017-10-31 23:23 | デルマー前:波情報