ブログトップ | ログイン
プロレスの小川も、会社員を辞めるのが怖かった?
夕方の波/アタマ・曇り
今日(月曜)は、カフェの定休日でした。
明日からは、また元気にカフェ営業しますよー!

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

カフェは休みでしたが、朝から厨房の仕事をしてました。

f0009169_19215263.jpg
お昼のランチは、真樹ちゃんが作ってくれたカルパッチョをあてに、ワインで結婚18年目を記念して乾杯。
f0009169_19213693.jpg

少し前に見たあるテレビ番組に、元バルセロナ・オリンピック


銀メダリストでプロレスラー・格闘家として活躍した、


小川直也さんが出ていました。


その番組は、ポルトガル・リスボンで1週間ぐらいかな、


ちょっと住んでみるという企画の内容。


その番組の中で、小川直也が一緒にリスボンで住んだ俳優に


語った過去の話が印象的だった。



明治大学を卒業して、JRA(競馬の会社)に就職した小川直也。


JRA時代に、オリンピックで柔道の銀メダリストになり活躍。


1990年から1997年までJRAに勤務していた。


その後退職して、猪木から誘われていたプロレスの世界へ入る。



プロレスの世界へ入る時、これまでJRAで毎月もらっていた給料が


なくなり、安定した(大きな会社の)仕事がなくなるのが怖いと思い、


迷ったと経験があると語っていた。



あんなに強い人でも、会社員としての安定した地位を捨てて、


何の保証もないプロレスの世界へ入るのが怖いと思った。


なんかその話を聞いて、『あー同じ人間なんだ』と思った。



僕もサラリーマンを辞めて、今の商売を始めました。


うまくいくかどうかなんてわからなかった。


何度も不安になったことがあります。


だから、小川直也のその話を聞いて、こんなに強い格闘家でも、


そんなことを考えたのかと思った。



どんなに強靭な体を持った人も、へなちょこな僕と同じように、


自分の将来を心配する気持ちを持っていた。


誰だって、今あるものをなくすことは怖いと思う。


でも、その先にある何かを求めるのなら、決断するしかない。


それをするかしないかは、自由なんだ。


基本的に、どちらの選択も自分で選んでいるのなら、


正解だと僕は考えています。




by cafe_delmar | 2017-11-27 19:29 | デルマー前:波情報