ブログトップ | ログイン
1冊の本との出会いが、人生を変えることもある。
9:00am・今日の波/ヒザコシ・晴れ・無風
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

f0009169_09233804.jpg

f0009169_09225850.jpg
先週、お店を開店してから、ずっとお世話になっているお客さんからいただいた自家製干し柿。
甘いので、コーヒーに合います。すっごく美味しかったです。


昨日のブログに書いた、ポルトガル・リスボンにちょっと

住んでみるテレビ番組を見て思いだした映画です。

主演は、名優のジェレミー・アイアンズ。

物語は、

退屈で単調な一人暮らしを続けていた50代の高校教師

ライムント。

ある唐突な出来事のつながりから、衝動的にリスボン行きの

夜行列車に乗ってしまった。

その車中で偶然手に入れた本を読んでいると、

著者にどうしても会いたくなった。

スイスから夜行列車に乗り、ポルトガル・リスボンについたライムント。

そこで、著者の家族や友人を訪ねまわり、亡くなっていた著者の人生に

触れていく。しだいにライムントは、自分のこれまでの人生を振り返り、

単調な自分のこれからの暮らしを変えていく決心をする。

1冊の本の著者の生き方に触れたことによって、ライムントは

自分の生き方を見つめ直し、残り少ない人生に向かい、

少し冒険してみる勇気をリスボンでつかむことになる。

最後にライムントは、リスボンからスイスへ帰る列車の駅に向かう。

そこで決断することは・・・。

この映画『リスボンに誘われて』は、僕の忘れられない映画のひとつです。

あとがき

誰でも人生は、単調な日々だと思います。

映画やテレビドラマのように、毎日刺激的なことが起こったり、

スリルや事件は起こらない。

ただ、そんな普段の日常の中にでも、感動することがある。

ライムントのように、急に異国の知らない町で人生は

変えられないけれど、人は誰でも、どこにいようが、

自分を変えることはできると僕は信じています。




by cafe_delmar | 2017-11-28 09:28 | デルマー前:波情報