ブログトップ | ログイン
2018年 01月 13日 ( 1 )
1日の終わりに、癒してくれる人がいるがいるだけで良い人生だと教えてくれた映画。
9:00am・今日の波/アタマ前後・曇り
カフェ、今日も元気に営業しています。
お知らせ
明日14日(日曜)は、カフェ休みます。
真樹ちゃんが講師のグルメ講座があるためです。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

今日の朝のカフェ前。3センチほど雪が積もっていました。

f0009169_09550525.jpg
f0009169_09551757.jpg
f0009169_09554026.jpg

昨日は僕の55歳の誕生日でした。

お店を休みにしていたので、お昼のランチは真樹ちゃんが

作ってくれたピザにワインで乾杯。

夕方から、明日14日(日曜)に実施する、青谷小学校5年生の親子対象、

グルメ講座の準備のため、真樹ちゃんは会場にお出かけ。

(真樹ちゃんが講師をするため。この講座は、たしか今年で4年目です)

なので、僕は一人で映画を観ました。

人生の残りが見えてきた老夫婦。

40年暮らしたマンションの家を売ろうする。

部屋は5階で、エレベータがないからだ。

この家(部屋)を買った40年前は、まだ若い夫婦だった二人。

画家の夫役(アレックス)は、モーガン・フリーマン、定年を迎えた

元教師の妻役(ルーク)は、ダイアン・キートン。

子どもがいない夫婦の楽しみは、愛犬ドロシーと一緒にいること。

そんな人生の最終地点が見えてきた、老夫婦の人生を描いた映画。

「ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります」を観ました。

ある日、愛犬ドロシーの体調が悪くなり、動物病院へ連れて行くと、

医師からCT検査を薦められる。

アレックスが医師にいくらするのかと聞くと、1,000ドル(約11万円)。

それから数日後、医師から電話があり、愛犬ドロシーの手術を薦められる。

その費用は1万ドル(約111万円)。

映画を観ていて、アメリカの医療費の高さを再認識しました。

それでも、ドロシーの為にお金を払うことを決めた夫婦。

犬の為にそんなに高いお金を使うなんてと思いましたが、

子供を二人育てている僕は気づきました。

人間の子供を育てるほうが、もっとたくさんのお金がかかることを。

子どもがいないアレックスとルークにとっては、

自分の子供のような愛犬ドロシー。

そう思えば、犬の医療費も高くはない気がしました。

映画のラストは、家を売ることを辞めることにした夫婦。

いつになるかわからないが、5階までまだ階段を上れるうちは、

今の眺めのいい部屋に暮らしていこうと。

多くの人が同じような毎日の、変わりない一日が過ぎていく。

それでも、一日の終わりに、お互いを癒してくれる相手がいるだけで

じゅうぶん満足できる人生なんだと思わせてくれた大人の映画でした。




by cafe_delmar | 2018-01-13 10:00 | デルマー前:波情報