ブログトップ | ログイン
<   2010年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
今年もたくさんのありがとうとこんにちは
8:00AM・・・・今日の波・雪で海が見えません・雪
f0009169_8265070.jpg


朝起きると、外は一面の雪景色。
とうとう冬将軍がやってきました。
今日は雪かきにいい汗流せそうです。
お店は9時30頃にオープンします。

今年、お店でお会いした人、サーフィンスクールに参加して頂いた人、
ペンションに泊りに来ていただいた人、そしていつもお店でお会いする人、
ありがとうございました。
来年も、デルマーでお会いできればとても嬉しく思います。
皆様にとって、2011年が「幸せな気持ち」をたくさん感じる年になることを願います。
by cafe_delmar | 2010-12-31 08:29 | デルマー前:波情報
悠人ベビーシッターでたのむぞ
10:00am・・・・・ 今日の波/オーバーヘッド・曇り
        隣のビーチはできそうでした。

保育園が休みなので、悠とが2階で春樹を見ている。
ちゃんと弟を見れるのか心配だが、まかせるしかない。
今日の夜は、年賀状書きの追い込みだ。

月刊誌『田舎暮らしの本』2月号が昨日発売されました。
90ページにデルマーが紹介され、家族みんなの写真が掲載されています。
by cafe_delmar | 2010-12-30 11:05 | デルマー前:波情報
春樹も冬休みに
9:00am・…今日の波/西うねりのクローズ・曇り
雪は積もっていません。
今日から来年の5日(水曜)まで、休まずカフェ営業します。

今日から春樹の保育園は冬休み。
しばらく、朝はバタバタしているので、波のお知らせは遅くなります。
by cafe_delmar | 2010-12-29 09:27 | デルマー前:波情報
大阪のお店やなーという看板
7:30am・・…今日の波/ムネ・曇り
南風が吹いて、うねりがきれいにまとまっています。
ひさしぶりにカフェ前のビーチも入れそうかな。
☆お正月、カフェは大みそかも元旦も営業します。

f0009169_8195284.jpg


大阪でお昼ごはんを食べに寄ったうどん屋さんの入り口に書いてあったミニ看板。
大阪人らしい、はっきりとしたメッセージだ。
この潔さ、店主の個性があっていいね。
by cafe_delmar | 2010-12-28 08:23 | デルマー前:波情報
いいひとをやめる
11:00am・…今日の波/クローズ・曇り時々雪
今日はカフェがお休みで、朝、春樹を保育園に送ってすぐに
いつもの美容室に髪を切りに行きました。
そんなわけで、ちょっと遅くなりました。
あいわらず海は荒れているので、波乗りするのはしばらく先になりそう。
今週は年賀状づくりにがんばります。
たぶん我が家の年賀状は、元旦にはつかないと思いますので。

『いい人をやめる』
僕もそうだが、誰でもできればいい人に思われたいと思うから、
いい人になりたがる。
だが、いい人を無理にたくさん続けると、心が苦しくなることがある。
なんか、そんな気持ちになったことありませんか?

曽野綾子さんの本「『いい人』をやめると楽になる」
を読みました。
その中で特に共感し、気づかされた言葉があります。

『人は必ず誰かに好かれ、誰かに嫌われている』

そうだなー。
世の中の人みんなに好かれる人なんかいないよなー。
だから、自分も好かれる場合もあれば、嫌われる人もいる。
それでいいんだ。
嫌われている人からはそっと離れて、自分と気が合う人とだけ、
楽しく、感謝して付き合っていく。
これが人間関係で苦しまなく生きてゆく方法だな。

良い人になりたがると、余計に自分が苦しくなる。
なんだか、そんなふうに思えてきました。
by cafe_delmar | 2010-12-27 11:22 | デルマー前:波情報
久しぶりに親友がそろった
7:00am・…今日の波/クローズ・曇り
昨日から、風が強くて寒いですが、雪は降っていません。
今日もカフェは元気に営業します。
☆年内は、27日(月)・28日(火曜)のみ休みます。

大阪市の下町にある、平野区瓜破中学校の3年のクラスで一緒になった仲間3人と、
今月、久しぶりに大阪で再会した。
この3人とは、それぞれ高校は違ったが、ずっと付き合っている仲間だ。
僕を入れて4人で集まったのは5年ぶりぐらいだろうか。
みんな、人生山あり谷ありの人生を送っている。
今回は、Kが数年前からうつ病になり、通院していると語った。
その前は、同じ仲間のHがうつ病が原因で離婚している。

僕も入れて、バカな仲間なんだけど、みんな繊細な神経の持ち主なんだな。
いろいろ悩みがあるのか。
僕たちが10代だった頃、大人になれば悩みなんかなくなって、
つまんない日常を送るのかなと想像していた時があった。
それが大きな間違いだとは、まだ子供だった僕にはわからなかった。

人間、死ぬまで悩んだり、喜んだり、悲しんだり、いろいろある。
それが40歳を過ぎて、やっとわかってきました。
なんでも気付くの遅いなー。
自分でもいやになるわ。
もうちょっと何でも早く気づけば、もっと上手に生きてこれたのかもと
思いますが、性格というか、バカだから仕方がない。

まあ、今度親友と会うときは、僕がうつ病になっていないように
ちょっといい加減な気持ちで生きていこうかな。
イーグルスの歌のように。
take it easy
心配するな、気楽にいこう

今日はカフェでひさしぶりにイーグルスを聴こう。
by cafe_delmar | 2010-12-26 07:29 | デルマー前:波情報
ホワイトクリスマスに
7:00am・・…今日の波/クローズ・曇り&雪
今日も海は大荒れです。

朝起きて、外を見ると雪景色。
3センチぐらいかな、積っていました。
今日も元気にカフェは営業します。
☆お正月は大みそかも元旦~4日まで、営業します。
by cafe_delmar | 2010-12-25 08:00 | デルマー前:波情報
早朝勉強会に参加
8:00am・…今日の波・クローズ/あられ&雨
     強い北西の風で、海は大荒れです。

今日は朝5時に起床。
倉吉で毎週一回ある勉強会に、6時から一時間ほど参加。
こんなに朝早くから、経営者を中心に20人ほど参加していた。
熱心に誘いに来られる方のお誘いで、どんなものか参加してみました。
朝早くから勉強されている方たちに会うと、良い刺激を受けるもんです。
by cafe_delmar | 2010-12-24 09:05 | デルマー前:波情報
みんな変わってゆくんだなぁ
7:00AM・・…今日の波/クローズ・曇り
    北西の風がすごく強く吹いています。

1月号の月刊誌『田舎暮らしの本』を読むと、僕の青春時代だった頃、
すごく人気があったロックバンド
『レベッカ』のボーカルNOKKO(のっこ)さんが、4歳の子供と夫の3人で、
3年ぐらい前から伊豆の海の見える家に住んでいる記事が出ていた。
畑で里芋をとっているNOKKO.さんの写真に驚いた。
都会的なイメージが強い女性だと思っていたので、まさか今は田舎でゆったりと暮らしているとは。
伊豆に来る前は、ニューヨークのマンションに5年間暮らしていたそうです。

あー、フレンズという曲なんか懐かしいなー。
それにしても、NOKKOと僕が同い年(63年生まれ)とは
知らなかった。

雑誌を読みながら、人の生き方って変わるんだなーと思った。
だから、生きていると自分がどんなふうにこれから先変われるか。
なんだかおもしろく思えてくる。
変化を楽しもう。
変化していこう。
なんだかそう思える気分になりました。

PS/今月29日発売の『田舎暮らしの本』2月号に、またデルマーファミリーが
記事に出ます。よければ、本屋さんで見てください。
カフェの雑誌コーナーにも置きますので、コーヒーブレイクにも読めますよ。
by cafe_delmar | 2010-12-23 07:58 | デルマー前:波情報
爆笑、涙のバリ旅行を聞いた
9:00am・…今日の波/アタマでぐっちゃりした波・曇り
今日から冬型のお天気で、海は荒れそうです。
みなさん、気おつけて楽しんでください。

ホテルの中では毎日夜ライブがあり、悠とも春樹も一緒にライブを楽しみました。
(ボーカルの女性が、スクール生のMちゃんにそっくりだった。)
f0009169_10628.jpg

先月、サーフテックのボードをデルマーで買った境港のMさんがコーヒーを飲みにお店に来店。
Mさんもバリに10年ほど前に行ったことがあり、その話をカウンター越しに
ゆっくりと聞いていると、もう涙が出てくるぐらいおかしいやら、かわいそうやら。

なんでも、あるサーフィン雑誌にでていた広告のサーフィンスクール付きの
バリ島ツアーに申し込んで参加したそうで。
バリに着いていきなり財布をすられる。
ツアーに同行したツアー会社の社長(サーファー)も後日、ツアー参加者から預かっていた
レンタカー代を盗難され、『このままではサーフィンできないと』はんぶん脅して、
参加者から追加代金をとる始末。
また、スクールも名ばかりで、頭オーバーのサイズのリーフのポイントへ初心者を連れて行き、
準備運動を一緒にしただけで一緒に海に入り、参加者には海の中で何も教えなかったそうです。
(その社長、自分の波乗りを楽しんでいたようです。)
また、そのMくん、強いカレントに沖に流され、一人では自力で戻れなくなり、助けてもらい
何とかビーチに戻れたそうだ。
他の参加者も流されて、助けてもらったていたと。

いやーここまででもすごいいい加減なツアーと思っていたら、
晩ご飯をそのいい加減な社長の案内で安い屋台に連れて行かれ、
次の日から急に体調不良になり、帰国するまでサーフィンはできずに終わる。
(バリの激安・地元屋台の衛生管理は、日本人にはちょっと…丈夫な胃袋の人だけおすすめ)
また、帰りの飛行機では、フライトアテンダントに体調不良を伝え、
もらった薬を飲んだら、日本に着陸するまで爆睡。
目が覚めると、持っていたミニバッグが消えていた。(>_<)
税関で体調不良を言うと、自宅へ戻り次第病院へ行くように勧告され、
一週間ほどは県外に外出しないように釘を刺された。
(僕の友人で、タイから帰国してすぐに病院に隔離されたこともありましたから、
海外では病気にならないようにしないとえらい目にあいますよ)

どうやらこれで、Mさんのバリ島の印象が僕たち家族のようにはよくないらしい。
誰だって、そんな目に会ったらもう行きたくないと思うだろう。
それにしても、かわいそうというか、おもしろいというか。
もう、カウンター越しに爆笑しまくってしまいました。
Mさん、笑いすぎてごめんね。

そんなMさんには、ぜひ今度『バリ太郎さんのガイドで』、南の島バリ島の良さを実感してきてほしいなぁ。
ただ、選んだツアー会社がひどすぎただけなんだから。
by cafe_delmar | 2010-12-22 10:08 | デルマー前:波情報