ブログトップ | ログイン
<   2012年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧
勝てなくなれば、環境を変えればいい
5:30am・・・今日の波/ひざ下・曇り
ロングなら乗れそうな波が残っています。
カフェ、今日も元気に営業します。

きのう書いた『ラテに感謝』の著者で元広告会社の重役マイケルは、若かったころはコピーライター、
クリエィテブディレクターとして、一流企業の広告を創ってきた。
その経験を生かし、53歳で会社をクビになったとき、コンサルティング広告の会社を
起業した。
しかし、若いころの創造性豊かな感性はもうなくなっていたようだ。
起業当初は、元の会社のつながりで仕事をくれていた会社も、徐々にマイケルに連絡をくれなくなった。
そう、彼の仕事はもう評価されなくなっていた。

多くのスポーツ選手も同じだ。
20代30代前半までは、すごく活躍していた選手も、徐々に体力が落ちたり、運動能力が下がり、
良い結果が出せなくなってくる。
その今まで活躍できた場所で自分の能力が通用しなくなってきたときに、どう変化すればいいのか。
これがすごい難しい。

このマイケルの話で思い出した人がいる。
80年代、日本の広告界で大活躍したコピーライター、糸井重里さん。
西武百貨店など、多くの一流企業の広告を手掛けてきた有名コピーライター。
その糸井さんでも、バブルがはじけ、時代の空気が変わり始めてから、広告コンペに
勝てなくなってきたと、ある雑誌に書いてあるのを読んだことがある。
日本が不景気という雰囲気に覆い尽くされてから、完全に広告に求めらている流れが変わってきた。
糸井さんが書く、西武百貨店的な幻想のようなイメージ広告から、ジャパネットたかたに象徴される、
ズバリな広告、ダイレクトマーケティングが主流になってきた。
いわゆる、商品の価値をわかりやすく伝えることのほうが主流になり、よくわからない
イメージだけの広告手法では通用しなくなってきたのだ。

そこで、糸井さんはコピーライターという仕事を本業にすることをやめて、
タレント、作家、経営者という変化を遂げていく。
また、早くからインターネットの可能性に気付き、ネットで独自のビジネスを
軌道にのせていくことに成功する。
2001年に発行した『インターネット的』糸井重里/著 PHP新書
は、糸井さんが勝てる環境を見つけたことを書いた本ではないだろうか。
その本の中で、糸井さんはこう書いていました。

『45歳の頃、ものをつくることへの危機意識を、この流れのままだと、
将来、めしを食えなくなるんじゃないだろうか?と、
とてもリアルなかたちで感じるようになりました。
・・・・・
そう感じたから、とにかく流れを変えなくてはと思いました。
まず、今「住む場所」を変えることが先決だと直感的に考えたのでした。』

そして、糸井さんは1997年49歳からパソコンを始めます。
その一年後に『ほぼ日刊イトイ新聞』というホームページをスタートさせました。
その後、この『ほぼ日』から、多くのビジネスをつくり出すことに成功。

こうして、糸井重里さんは、変化することによって、自分のアイデアを活かして
勝てる環境を自ら作り出したのです。
糸井さんの生き方に学ぶことがたくさんあります。
『インターネット的』糸井重里/著 PHP新書/2001年
久しぶりに、もう一度読み返してみます。
f0009169_5561056.jpg


by cafe_delmar | 2012-05-31 05:59 | デルマー前:波情報
63歳でやっと人生で大切なものは何かに気付いた元エリートの話
5:00am・・・今日の波/こし・晴れ
サイズは少し下がりましたが、まだ波はあります。
昨日の朝は、ジャージで入りました。寒がりの僕でも大丈夫でした。(^v^)
カフェ、今日も元気に営業します。

ゆうとの運動会に行って、悠とがグランドに出ないときは、ずっと本を読んでいた。
そんなに期待していた本ではなかったが、読み始めると全部で313ページある中で270ページ
ぐらいまで、暑い日差しを浴びながら運動場で読み続けた。
運動会が終わると、家に帰ってからまた読んだ。
シャワーを浴びて、ビールを飲むとさすがに疲れたので本を閉じた。
翌朝、5時過ぎに目が覚めて、すぐに読み始めて、30分ほどで最後のあとがきまで読み終えた。

なぜ、こんなにも夢中になって読んだのか。
それを書く前に、物語を簡単に紹介します。
50代前半までに大手広告会社の重役まで出世した男、マイケル。
4人の子供たちと過ごす時間よりも、会社の仕事を何よりも優先し、
会社の為に忠実に働いた。
クリスマス休暇の時にクライアントから電話があれば、小さな子供たちと過ごす時間を犠牲にしてでも、
仕事に向かった。
しかし、そんなことは会社にしてみればどうでもよかったことが、勤めて25年目にわかるときがきた。

経営者が変わらなければ、そのまま順調に白人上流中産階級の世界で引退できただろう。
しかし、いくら上流中産階級の世界で生きていても、自分だけは絶対安全な世界はない。
傲慢で、自尊心の高かったマイケルは、ある日後輩だが自分より出世したリンダに、
『明日、朝食をとりましょう』と言われる。
そのあとは、トムクルーズが主演した映画『ザ・エージェント』のシーンと同じだ。
トムは、同僚にランチを誘われ、そのレストランで『君はクビになった』と言われる。
ただ、ちがうのは、トムの役柄の主人公は、まだ30歳前後のやり直しがまだまだできる若さがあった。
本の中のマイケルは、53歳。
やり直すには難しい年齢だった。

それでもマイケルは、それまでの広告会社の経験を生かし、コンサルティング会社を始めるが、
徐々に仕事が減っていき、自身の女性関係の過ちにより、家庭生活も崩壊する。

そんな白人の元エリート(重役だった男)が、ホームレスになる寸前まで社会的に落ちていく。
しかし、スターバックスの仕事(トイレ掃除から、バリスタまで)を経験することにより、
やっと自分の仕事を愛せるようになり、家族や周りの人たちとの関係性を大切にするように変わっていく。
エリート時代は、傲慢で、自分たちの世界(白人の上流中産階級)が何よりも大事だ思っていた男が、
人生のつまずきから、どうやって自分の人生を愛せるようになるかが書かれたニューヨークの実話。

この物語には3つの教訓があるとマイケルは書いている。
その中のひとつ、Listen(聞く)が僕の中ではいちばんだった。
あとがきにはこう書かれていた。
『スターバックスでの勤務を終えて家に帰る途中、静かな夜空を見上げ、
星を仰ぎ、幸せな気持ちに満たされるのを感じた。
私はもう60歳を過ぎていた。
それまでは自分の心の声を聞いたことがなかった。
家族や友人の大きな期待、形の見える成功だけを重んじる無数の広告のせいで、
それはかき消されてしまっていた。
しかし、遅ればせながら、自分の心を信じることが、本当の幸せをつかむ唯一の方法
だと知った。
なにが幸せかどうか、どうやって幸せになるかは人それぞれだ。
ただ、心の声を聞きさえすればいい。』

ぼくが大阪でサラリーマンをしていた時、地下鉄に乗って、勤めていた会社の近くのホームから改札を出て、
会社のタイムレコーダを押すまでの歩く10分ぐらい、大きな公園の中をいつも歩いた。
その歩いている公園の通りの横には、路上生活をしている人たちのテントがいつもあった。
あるおじさんとは顔見知りになった。
そんな人たちを見て、よくこう思ったものだ。
『俺も、いつおじさんたちの仲間になってもおかしくはない』
安定は幻想だと思っていた。

だから、このマイケルの実話を読んで、昔の僕を思い出したからなのか。
マイケルの再生に向けての日常を、興味深く読むことに夢中になった。

スターバックスと聞くと思いだすことがある。
僕が初めてスターバックスのコーヒーを飲んだのは、アメリカの空港だった。
まだ日本に進出していないころで、飲んだ時に、日本で絶対に流行るだろうと思った。
その時飲んだ濃いコーヒーの味が、そのあとずっと頭の中から離れなかった。

長くなったので、忘れないうちに読んだ本のタイトルを書いておこう。
原題『How Starbucks Saved My Life 』マイケル・ゲイツ・ギル/著
訳題『ラテに感謝!』ダイヤモンド社/発行

スターバックスによくいく人なら、たぶんいつも注文する商品は決まっているはず。
ちなみに僕は、トール・ノンファット・カプチーノをいつも飲んでいた。
飲んでいた。
なんで過去形なのかは、鳥取にはスターバックスがないから。
今では、年に数回、大阪で飲むぐらいしかできなくなった。
残念だが、デルマーでいれたコーヒーを、海を見ながら飲む方がおいしいと思うように変わった。
特に、早朝、自宅のリビングで波を見ながら飲むコーヒーはうまい。

気づいたら、スターバックスに関係する本を4冊読んでいました。
f0009169_5284287.jpg

by cafe_delmar | 2012-05-30 05:31 | デルマー前:波情報
走る、走る、悠と。
9:00am・・・今日の波/むね・雨&雷がときどきなっています。
今日は朝5時に起床。
リビングから波を見ると、予想通り波があった。
携帯を見ると、Yねちゃんから、隣のビーチで入ると伝言が入っていたので、
僕もウエットにすぐに着替えて、隣のビーチのアウトに出る。
海のなかは、Yねちゃんと右側のところで二人で貸切だった。
波は掘れた肩前後の波で、きれいなうねりの楽しめる波でした。
7時過ぎに僕はお店の準備があるので、先に上がって終了。
久しぶりに、早朝のメローな人の少ない波を楽しめました。
そんなわけで、少し遅れてアップしました。

それにしても、夜勤明けの仕事終えて、倉敷から一人車を走らせ、5時過ぎから海に入る
Yねちゃん。波乗りがほんとに好きなんだね。

カフェ、今日も元気に営業しています。

悠と、運動会では、ギブスをしていても、全力で頑張っていました。
f0009169_9214578.jpg


f0009169_922211.jpg

真樹ちゃんと縄跳びリレー。
f0009169_9224346.jpg

f0009169_9231159.jpg


全力で走る悠と。
f0009169_9234860.jpg

f0009169_9241342.jpg


by cafe_delmar | 2012-05-29 09:28 | デルマー前:波情報
運動会で食べるお弁当は、なぜかうまい
6:00am・・・今日の波/静かな海・晴れ
明日から、波が少し上がってきそうです。
カフェ、今日も8:50分から元気に営業します。

昨日はお店を休んで、悠との運動会へ家族で行ってきました。
f0009169_6294681.jpg


真樹ちゃんが作ったお弁当をみんなで食べる。おいしかったー。
f0009169_6304111.jpg

ギプスをしていても、悠とは楽しそうに参加していました。
今週末には、ギプスが取れる予定です。
f0009169_6311060.jpg


by cafe_delmar | 2012-05-28 06:36 | デルマー前:波情報
悠人の笑顔はお金には代えられない
5:30am・・・今日の波/静かな海・晴れ
最近なぜか早朝に目が覚める。
年とったせいか??

f0009169_5435436.jpg


今日は青谷小学校で悠との運動会があるので、カフェお休みします。
春樹、真樹ちゃんとお弁当を持って、悠との応援に行く。

ほんとはお店を休みたくない気持ちが少しはある。
日曜日がいちばんお客さんが来てくれる日だから。
郊外型のうちのようなお店は、土日がやはり稼げる日になるからだ。
目先の売り上げ(お金)が気にならないといえばウソになる。

だけど、悠とが楽しみにしている運動会だ。
そんなことは気にしないで、コロナビールも持って行って、
真樹ちゃんが作るお弁当食べてこようっと。
運動会が終わったら、波乗りできたら最高なんだけど、今日も波は上がりそうにない。
ただ、来週の火曜日あたりは期待できそうです。
by cafe_delmar | 2012-05-27 05:45 | デルマー前:波情報
中庭テラスの人気者
7:00am・・・今日の波/静かな海・晴れ
波のない日が続いています。
パドルだけでも、海に入りたくなってきました。
カフェ、今日も元気に営業します。

ハチのウィンドスピナーが、お客さんに人気になっています。
f0009169_7482938.jpg


f0009169_7483793.jpg

☆明日の日曜日は、悠人の小学校の運動会です。
腕のギブスはまだしてますが、走ってもいいとお医者さんから言われました。
by cafe_delmar | 2012-05-26 07:53 | デルマー前:波情報
美容室の経営も科学が必要なのか
6:30am・・・今日の波/静かな海・曇り
カフェ、今日も元気に営業します。

f0009169_6485068.jpg


90年代後半、原宿のカリスマ美容師ブームをつくった一人、鈴木勝裕氏の著書『奇跡の美容室』を読みました。
ブームが去った後、国の「経営革新計画の承認」を得ることにより、経営危機をうまく脱出した話が書かれています。
鈴木氏の経営する会社[美髪堂]は、2010年の売り上げ約8億1千万円。

鳥取に移住してから、美容室の数が人口に比べて多いなと思っていたのですが、鈴木氏の本を読んで納得しました。
厚生労働省の発表では、2010年の美容室は全国で22万3645軒。
経済産業省の統計では、全国のコンビニの数は、平成22年は4万2347軒。
つまり、美容室はコンビニの5倍以上あるんですね。
これには、ちょっとびっくりしました。
そして、その凄い競争の中で生き残っていく美容室。
大変なんだなと思いました。

『奇跡の美容室』発行ダイヤモンド・B は、鈴木氏が24歳で独立してから、カリスマ美容師ブーム、
そしてブームが去った後の自身の会社の経営危機からの脱出までの軌跡が書かれています。

鈴木氏はインターネットの普及が流行のあり方を変えたと言います。
『女性たちは、いかに自分の個性を生かしてくれるかを美容室に求め始めたのです。
インターネットとは、簡単に言えばマスメディアの崩壊を促す装置でした。
みんなで同じものを見ていた時代から、それぞれが好むものを見る時代へ』

90年代からの時代の変化を再確認するのにもよい本でした。

「みんなで同じものを見ていた時代から、それぞれが好むものを見る時代へ」
この鈴木氏の言葉から、今の流行が見えてくるような気がします。
by cafe_delmar | 2012-05-25 06:53 | デルマー前:波情報
今日は家族で真樹ちゃんのお祝いをしようかな
6:00am・・・今日の波/静かな海・晴れ
台風2号が出来ましたが、鳥取には影響がなさそうです。
今週は、波のサイズアップは厳しいですね。
カフェ、今日も元気に営業します。

昨日は千葉から泊まりに来てくれた後輩に再会。
約8年ぶりぐらいなので、昔の話が楽しくできました。
千葉の海がホームポイントの後輩によると、ビーチの砂の浸食が多く発生していて、
波が割れにくくなっているところが増えているそうです。
自然環境の変化は、いろいろなところで起きているんだな。

      ママ、今日はケーキ食べようか。
       風の谷のナウシカのポーズをまねる春樹(*^_^*)
f0009169_6232115.jpg


by cafe_delmar | 2012-05-24 06:25 | デルマー前:波情報
おめでとう
6:30am・・・今日の波/静かな海・曇り
カフェ、今日も元気に営業します。

今日は真樹ちゃんの誕生日です。かわいいお花をいただきました。
f0009169_6403353.jpg


腕を骨折しているから、春樹のほうが強いか?
f0009169_6411132.jpg

次の日曜日は悠人の小学校の運動会。
たぶんお天気なので、ありそうです。

可愛いカードが届き、後から素敵なプレゼントが。。\(^o^)/
Iやまちゃん!ありがとうー!!!他にも、たくさんの人から嬉しいメッセージ頂き、今日はとても嬉しいです??
f0009169_12421363.jpg

f0009169_12453986.jpg

by cafe_delmar | 2012-05-23 06:46 | デルマー前:波情報
若返ってる?
6:30am・・・今日の波/静かな海・晴れ
夏モードの日本海になってきました。
今週はポカポカ暖かい日が続き、波は期待できなさそう。
カフェ、今日も元気に営業します。

昨日、真樹ちゃんと「パサパ」さんでランチ。鳥取に移住してからずっと通っているパスタの専門店です。
f0009169_645391.jpg


僕はいつも「大根おろしパスタ」を食べます。さっぱりした大人の味で、おいしいです。
f0009169_6452897.jpg

パサパの奥さんから、僕たち夫婦が若くなっていってると言われました。
特別なことをしているわけではないので、なんでかなと考えた。
たぶん、好奇心を今でもたくさん持っているから、、その好奇心を軸にいろいろ行動しているからかな。

夜は、PTAの社会部ミーティングに参加。
波がない休日でした。
f0009169_6583980.jpg


by cafe_delmar | 2012-05-22 07:00 | デルマー前:波情報