ブログトップ | ログイン
<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
弱者の働き方
8:00am・・今日の波/ムネ・曇り
北風が強く、まとまりのない波。

カフェ、本日31日(金曜)まで冬休みしています。
明日、2月1日(土曜)からは元気に営業します。

やっぱり子供たちと寝ると、安心して眠れる。
f0009169_8205675.jpg


今週は一人で留守番している時に、、鳥取県の子育て王国とっとり条例の懇話会に出席してきました。
(懇話会の委員だったため)
会の中では、現状の保育園や幼稚園の厳しい運営の現状を聞き、子育ての現場の
大変さを知りました。
保育士さんの給与はかなり低いそうです。
先週の日本海新聞の子育て支援のモニター調査にも出ていましたが、
「育児と仕事の両立支援」に自治体はもっと力を入れてほしいという答えが
最も多かった。

僕たち家族も夫婦で働いて子育てしているので、共感する部分でした。
鳥取は、日本でいちばん人口が少ない県。
だから、雇用環境も都会に比べれば仕事が見つからないとよく聞かされます。
ここ数年、よく聞くようになった「ワークライフバランス」という言葉。
僕には、今の鳥取では夢みたいな言葉にしか聞こえない。
まわりの人を見ると、みんな一生懸命働いて、家族を支えようとしている人が多い。

弱者(自営業者)は、毎日最低12時間労働は当たり前だ。
8時間労働で、成功しようなんて甘すぎる。

大阪の僕の友人は、昼間の仕事以外に夜のアルバイトをずっと何年も続けて子育てしていた。


ときどき思うこと。

豊かに生きるには、たくさん稼がないとなれないのか?
地方なら都会と違う働き方はできないだろうか。

豊かに生きることと、しあわせに生きることは違うとは思うけれど。

むずかしいことはわからないけれど、明日から遊んだ分、しっかり働いていこう。
by cafe_delmar | 2014-01-31 08:24 | デルマー前:波情報
大阪は雨
☆カフェ、31日金曜日まで冬休みです。

北海道 千歳でバードウォッチングができる美味しいお蕎麦屋さんにいきました。
おじさん1人でやってる様子。
忙しいのに、子供達に小さめの双眼鏡をだしてきてくれたり、お菓子をくれたり。居心地よく、蕎麦湯で体も温まり、すごくほっこりできました。
フライトはやはりピーチお決まりの40分遅れでの出発(⌒-⌒; )なんとか日にちが変わるまでに実家に到着。ゆうとはるきが元気に電車も乗ってくれ、無事北海道旅行終了となりました。
いや~、ほ~んまに楽しかったぁ~。
また、OFFを満喫する為にがんばって働くぞ~(^O^)/
by デルマーママ
f0009169_100616.jpg

f0009169_10074.jpg

f0009169_100891.jpg

f0009169_100924.jpg

f0009169_1001017.jpg

f0009169_1001187.jpg


f0009169_955209.jpg

f0009169_9552179.jpg

by cafe_delmar | 2014-01-30 09:40
氷濤まつり
7:00am・・・今日の波/クローズ

北海道の姉みきちゃんに氷濤まつりに連れてってもらいました。
すごく寒かったが、イルミネーション見たらテンション上がり、子供達は大喜び♫氷の滑り台に大興奮でした。
支笏湖のほとぼりはすごく寒いのだが、氷のオブジェの中はなんとなく暖かい。不思議な世界。氷の温かさを感じました。
滑り台の動画はこちら⬇
http://youtu.be/ZUy0KBR-5sE
f0009169_1240201.jpg

f0009169_1240218.jpg

f0009169_12402285.jpg

f0009169_12402380.jpg

f0009169_12402340.jpg

f0009169_12402467.jpg

f0009169_12402429.jpg

f0009169_12402574.jpg

f0009169_12402618.jpg

f0009169_12402642.jpg

f0009169_12402762.jpg

f0009169_12402774.jpg

f0009169_12402880.jpg

f0009169_12402939.jpg

by cafe_delmar | 2014-01-29 12:25
春樹、スキーに挑戦
9:00am・・今日の波/ヒザモモ・曇り

カフェ、31日(金曜)まで冬休みです。

4歳の春樹もスキーにトライ。
f0009169_9422740.png


さなえ先生にうまく教えてもらったのかな。
f0009169_9434275.png


雪の北海道を遊ぶ子供たち。
f0009169_9441964.png


f0009169_9445882.png


PS/やっぱり、子供たちがいないとさみしいなぁ。
by cafe_delmar | 2014-01-28 09:46 | デルマー前:波情報
3000円のガトーショコラを食べてみたい
8:00am・・今日の波/クローズ・晴れ
まだ海は荒れた様子です。

カフェ、31日(金曜)まで冬休みしています。

日本一美味しいと言われるガトーショコラ。
f0009169_895936.jpg


1点集中マーケティングで成功した個人店主の物語。
f0009169_8103080.jpg


東京、新宿御苑前にある「ケンズカフェ東京」のお店では、1本250gで3,000円の
ガトーショコラが月間3,000本以上売れる時もあるという。
ということは、ガトーショコラだけで900万円の売り上げがひと月にあるということ。
☆(ガトーショコラとは、フランス生まれのチョコレートケーキのことです)

ちなみにこのお店は、ガトーショコラひとつだけしか販売していません。
いわゆる1店1品ビジネスです。

なぜ、そんなにたくさんの販売量を売れるようにできたのか?
しかも、普通のケーキ屋さんよりもかなり高い価格で。

その秘密が知りたくて、ケンズカフェ東京のオーナー氏家健治(うじいえけんじ)さん
の著書を読んでみました。
おもしろかったので、いっきに読めました。
29歳のときに、イタリア料理を気軽に食べれるお店を始めた氏家さんが、
ガトーショコラの販売をメインにするお店に変えた理由や経緯はなかなか面白く、
参考になることがいっぱいありました。
また、氏家さんはパティシエではなく、もともとはシェフです。

氏家さんの作るガトーショコラのレシピは、著書にもくわしく書いてありますが、
「ぐるなびレシピ」というサイトでも公開されているそうです。
お菓子作りに興味がある方は、一度お試ししてみては。

小さなお店を始めたい人や経営されている人には、役立つヒントが
たくさん詰まった本(内容)だと思います。


PS/氏家さんの最初に始めたイタリアン・レストランが赤字になり、そこからマーケティングを
独学で学んで試していくことにより、成功の道につながっていくことができた経緯。
あらためて、伝え方(マーケティング)の大切さを知りました。
せっかくいいものや美味しいものをつくっても、お客さんに伝わらなかったら、
商売がうまくいかない。
それが当たり前なんだ。
伝え方を、もっともっと勉強しようと思いました。
by cafe_delmar | 2014-01-27 08:15 | デルマー前:波情報
おやじになっても遊べる仲間がいるのは最高だ
日曜日/夕方の波・クローズアウト・雨
昨日はヒザコシだったけど、今日は昼から一気に大荒れでした。

カフェ、31日(金曜)まで冬休みしています。

お店が休みの日にしかできないペンキ塗り。自分でやるから、お店に愛着がわくんだね。
f0009169_2175169.jpg


海から上がった後に入る温泉は気持ちよすぎる。ここは源泉かけ流し。
f0009169_2185977.jpg


昨日の土曜日は、いつも仲よくしているサーファー仲間のSかてマンとMなりさんと、
近所の食堂でおいしいホルモンそばを食べに行ってから、映画鑑賞をしながら、
自宅で飲み会をしました。

僕以外の家族は北海道に行ってるので、ほんとに男3人だけの飲み会だった。

映画は、昨年ブラット・ピットが主演した「ワールド・ウォーZ」。
期待して観たんだけど、まさかまさかゾンビが出てくるパニック映画とは知らなかった。
ちょっと気持ち悪くて、少しがっかりだった。
(僕は、怖い映画は苦手なんです)

まぁ、映画はいまいちだったが、昼間は一緒に波乗りして、近くの温泉で体を温めてから、
うまいビールが飲めた。
もう、それだけで楽しかった。

おやじになっても、楽しく遊べる相手がいることはありがたい。
それだけで、留守番している価値があった一日だった。
by cafe_delmar | 2014-01-26 21:13 | デルマー前:波情報
週休二日制は、自営業者には関係ないね
8:00am・・今日の波/アタマ・曇り&雨
北風が強く、まとまりのない波です。

カフェ、31日(金曜)まで休みます。

悠と初めてのスキー。さなえ先生に教えてもらう。
f0009169_8482458.png


f0009169_8485933.png


ルスツで楽しむ真樹ちゃんと子供たち。
f0009169_8493656.png


f0009169_8501396.png


さなえさんも子供たちにとっては家族のような人だ。
f0009169_8505060.png



先日、近所のスーパーの駐車場で露店の商売をしている顔見知りの兄ちゃんと話をした時に、
僕が休みは週に二日あるのと聞くと、『週に一度』ですよの返事。
『それに、だいたい半日は仕事関係の用事をすることが多くて、一日の休みと言うより、
週に半日の休みと言う感じですかね』

いやー、全く同感だ。
デルマーも基本、週に一度の休みだけ(定休日は月曜日です)。
その休みの日も、だいたいお店の仕入れや、ふだんなかなかいけない病院へ行ったり、
半日は用事を済ますことが多い。
一日ゆっくり休息できる時間はなかなか取れない。

じゃあ、多くのサラリーマンのように週二日休んだらいいというわけにはいかない。
日銭商売の飲食業。
当然、休みが多くなると売り上げは下がる。
それでも十分稼げるならいいけれど、そこまで儲かっていないのが現状だ。
だから、できるだけ働かなくていけない。
但し、いやいや働いてはいない。
楽しいことも多い。

それでもずっとまともな休みがなくては、ちょっと心が疲れてくるときがある。
だから、ときには好きな遊び(旅行)をするために、思い切って休みます。
そして、思いっきり遊んだら、また真剣に働く。
それが僕たち夫婦のスタイルかな。
by cafe_delmar | 2014-01-26 08:59 | デルマー前:波情報
玉置浩二の話にちょっとグッときた
9:00am・・今日の波/ヒザモモ・曇り
南西よりの小さなうねりです。

カフェ、31日(金曜)まで冬休みしています。

昨日、関空から北海道へ行った子供たち
f0009169_9441456.png


f0009169_946483.png


昨日、NHKの朝の番組に、安全地帯の玉置浩二が出ていた。
デビューの頃から今までのいろんな話を、正直に話していて、
それがすごく良かった。
ちょっと、涙がこぼれそうになった。

30代で軽井沢に引きこもっていた頃の話や、その後、カナダ(バンクーバー)に住んで
アル中になっていたこと。
(2008年に急性膵炎で入院)
急性膵炎は、たぶんアルコールが原因のようだ。

うつ病になって、まだ治っていない時期にコンサートで問題を起こしたことなど。
過去の自分の恥ずかしい事やカッコ悪い部分を素直に話をしていたので、
そんな玉置さんの話についつい引き込まれました。

その話の中で玉置さんが言った言葉で、特に印象的だったのが。
『昔の僕は、無理にいい人になろうとした』
『だから心が壊れた時があった』

そんなアル中生活から立ち直ったきっかけは、マイケルジャクソンの死を聞いた時だったという。
『もう一回歌いたいと思った。』

どんな状況になろうと、人は変われる。
そして幸福になることができる。
56歳の玉置浩二を見ると、そう思った。
『おもしろいのは、50過ぎてからだと思った』とインタビューで答えていた。

僕も同じ50代、これからもおもしろく生きていきたいなぁ。

僕がいるんだ 君もいるんだ
みんなここにいる 愛はどこへもいかない
玉置浩二:田園より

僕が好きな曲の一つです。
by cafe_delmar | 2014-01-25 09:50 | デルマー前:波情報
子供たちはどこへ行ったのか
9:00am・・今日の波/ヒザ・晴れ

カフェ、今日から31日(金曜)まで冬休みです。

誰もいない朝のビーチ
f0009169_9271874.jpg


青い空がきれいに見えた井手が浜
f0009169_9274324.jpg


朝日がデルマーの横から昇る
f0009169_928977.jpg


by cafe_delmar | 2014-01-24 09:31 | デルマー前:波情報
新年早々から、かなりヘビーな本を読んでしまったが。
9:00am・・今日の波/ヒザこし・曇り
風もなく、小さいですが面はきれいです。

カフェ、今日も元気に営業しています。
☆デルマーの冬休み
24日(金曜)から31日(金曜)まで、休みます。

昨日、夕方にカフェから見えたきれいな虹。
f0009169_943548.jpg


f0009169_9442795.jpg


嫌われる勇気を持つと、しあわせに近づく?

新年早々から、自己啓発書と呼べる本だと思いますが、
欧米ではフロイト、ユングと並び『心理学の3大巨頭』と称される、
アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、物語形式とした本
『嫌われる勇気』ダイヤモンド社:発行を読みました。
著者は哲学者の岸見一郎さんとフリーランスライターの古賀史健さん。
二人の対話形式の本です。

テーマはずばり、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」
という哲学的な問いです。

この問いに対する、対話形式の話がおもしろかった。
同時に、今まで気づかなかったことを学べたり、また、気づいていたことの
確信がぼくは持てたりすることができました。
哲人と青年の対話形式で進む話のなかで、ぼくが特に面白いと思った部分を紹介します。

哲人:すなわち『自由とは、他者から嫌われることである』と
青年:なんですって!?
哲人:あなたが誰かに嫌われているということは、それはあなたが自由を行使し、
自由に生きている証であり、自らの方針に従って生きていることのしるしなのです。
青年:い、いや、しかし・・・・。
哲人:たしかに嫌われることは苦しい。できれば誰からも嫌われずに生きていきたい。
承認欲求を満たしたい。
でも、すべての人から嫌われないように立ち回る生き方は、
不自由きわまりない生き方であり、同時に不可能なことです。

青年:違う!そんなものは自由なんかじゃない!
それは『悪党になれ』とそそのかす、悪魔の思想だ。

哲人:きっとあなたは、自由とは「組織からの解放」だと思っていたのでしょう。
家庭や学校、会社、また国家などから飛び出すことが、自由なのだと。
しかし、たとえ組織を飛び出したところで本当の自由は得られません。
他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、
承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫く
ことはできない。つまり、自由になれないのです。
以上著書より抜粋

僕も含めて、ほとんどの人は、「すべての人から嫌われないようにする」という、
不可能なことに挑戦してきたのかもしれないと思いました。
別に好きこのんで、嫌われることをする必要はないけれど、自由に生きたければ、
対人関係で嫌われることを恐れてはいけないということを気づかされる。

嫌われる勇気を持つこと。
言葉でいうほど簡単ではないと思うけど、自分らしく生きるには、
ひとつの答えのような気がしました。

この本、まだまだすごいことが書いていたので、読んで良かったと思う本でした。
テーマは重いんですが、おもしろく読める本です。
本の帯のところに書いてある推薦文には、小説家の伊坂幸太郎さんが
こんなコメントを書いていました。
『…何より読み物として面白くて、だんだんと純粋に小説を読んでいる気分になり、
最後にはなぜか泣いていました』
by cafe_delmar | 2014-01-23 09:49 | デルマー前:波情報