ブログトップ | ログイン
<   2014年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
あるがままに生きると、免疫力が高まる。
15:00・・今日の波/アタマ前後・雨
きれいなうねりになってきましたが、混んでいます。
波が良くなると、まだそれほど寒くないので、たくさんのサーファーさんが
海に来ています。

カフェ、今日も元気に営業しています。
(明日月曜と火曜日は、お休みさせていただきます)

f0009169_15531444.jpg


腸の持病(クローン病)を持っている僕は、本屋さんで腸について
書かれた本のタイトルがどうしても目に留まる。
最近、本屋さんで目に留まり買った本が新書で東京医科歯科大学名誉教授
の藤田紘一郎さんの著書『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』です。

免疫力の70%は腸内細菌がつくる。
残りの30%は、心がつくる。

自分らしくあるがままに生きている人ほど、元気で長生きです。
そういう人ほど免疫力が強いからです。
周囲に自分がどう思われているのかを気にし、周囲に自分を合わせてしまう人は、
免疫力が弱くなりがちです。

人が最もストレスを感じない生き方とは、結局のところ、
『あるがままに生きる』ことでしょう。
・・・著書本文より抜粋

藤田先生は、45年間、毎年インドネシア(カリマンタン島)で毎夏過ごしています。
そこで、島の暮らしの中で学んだことあると言います。

『島の暮らしの中で、私は「あるがままに生きる」ことは、他人の「あるがまま」
を受け入れることであると気づきました。
「わがまま」とは、他人の「あるがまま」
を受け入れようとしないことなのです。
見栄もプライドも卑屈さも、周囲との比較から生まれるつまらない気持ちです。』

「あるがまま」に生きていると、人生が輝き、自分に宿るいろいろな可能性が見えてきます。
その心が、免疫力を高め、腸内細菌を元気にしてくれるのです。
あるがままの自分で生きていれば、ストレスは溜まらない。

今年は、「ありのまま」という言葉が印象的な〈アナと雪の女王〉の映画が人気でした。
今の時代、多くの人が「あるがままの生き方」を求めているのかもしれません。
腸の調子が良くない人、免疫力をあげたい人、健康で長生きしたい人には
藤田さんの本はお勧めです。
by cafe_delmar | 2014-11-30 15:56 | デルマー前:波情報
知らないことは理解されにくい
7:00am・・今日の波/こし・曇り
西風が強く吹いて、波が上がり始めました。

カフェ、今日も元気に営業します。
(来週は、月曜と火曜の2日間休みます)

昨日、お店の営業が終わった夜に、子供たちがクリスマスツリーの組み立てをするママの
お手伝いをしてくれました。
f0009169_737793.png

f0009169_7373764.png

f0009169_738793.png


いちばん高い星をつけるときは、悠とが春樹を肩車。
f0009169_7383573.png

f0009169_739685.png


完成だー!
f0009169_7394039.png


今週、NHKの番組で難病のテーマがあった。
たくさんの人が難病になりながら、社会の中で生きている。
仕事でいろいろな障害にあったり、制約を受けたり、職場で
理解されなくて、つらい目に合ったりという視聴者からの投稿がたくさん
寄せられていた。

僕がこの番組を見たのは、僕も同じ難病があるからだ。
だから、番組の中での病気の人の視聴者から投稿された人の気持ちに
共感することができた。
また、難病を抱えながら社会生活をする大変さをあらためて強く認識させられた。

内臓系の難病の場合は、特に見た目が健康な人と変わらないから、
まわりからは病気を持っているとは理解されにくい。
特に、聞いたことがないような病名だったり、よく知らない病気は
理解されない場合が多いような気がします。

僕も30代半ばで、入院、手術、難病宣告を受けるまで、自分の病気(クローン病)
なんて聞いたこともなかった。自分が当事者になって、初めて同じ立場の人の気持ちが
理解できるようになった。
それが人間だ。

ただ、僕の場合、肉体的につらいことはあったけど、
病気から学ぶことがたくさんあったことは事実だ。
そのおかげで、死ぬということが俯瞰して見れるようになった気がする。
生きることに執着しすぎないようになれた。
だから、「好きなように真剣に(本気で)生きたい」と思った。

今、鳥取の海の前で暮らしていけるのは、病気のおかげかもしれないなぁ。
by cafe_delmar | 2014-11-29 07:48 | デルマー前:波情報
自分に素直な人は行動が早い
9:30am・・今日の波/ひざ下・晴れ
ロングなら乗れそうな小波です。
良く晴れて、きれいな日本海が見えます。

カフェ、今日も元気に営業しています。

先週、12歳の誕生日が来たユウト。3歳の時に行ったカリフォルニアの画像です。
f0009169_951087.jpg

カリフォルニアの空の青さはなんか独特だ。
f0009169_9511928.jpg


ドーナツ屋さんとレンタルサーフショップが一緒になったお店。
f0009169_9513952.jpg


ビーチ近くのモーテル。良い部屋でしたが、少し高かった。
f0009169_9515234.jpg

f0009169_952653.jpg


ハンティントンのピアから撮影した波の様子。
f0009169_9521998.jpg


先日、今年お店によく来てくれるようになった初心者のサーファーのF君が
冬用のウエットスーツをオーダーしてくれました。
サーフィンが楽しくなってきたようで、もっと上手くなりたりという気持ちが
すごく伝わってきます。

初心者の人で、ウエットスーツやサーフボードを買おうかどうかずっと
悩む人もいます。
反対に、F君のように「やろう」と決めて、すぐに行動する人もいる。
どちらがいいとはないですが、サーファーになれる人は、すぐに行動する人が
多いのは確かです。
お金の計算ばかりしている人は、まだほんとうにサーフィンが好きになってはいません。

好きになったら、いつでも海に行けるように準備するから。
僕も19歳のときに波乗りに出会ってから、当時まだ学生でお金はなかったけど、
アルバイト代でウエットを買ったり、サーフボードを買って海に通いだしました。
とにかく、早くうまく波に乗りたいと思った。
波乗りを始めると、すぐに友人と宮崎に行ったり、四国(中村)や種子島へ行ったり、
旅することが好きになった。
波乗りのおかげで、日本のいろいろなところへ旅に行った。
社会人になってからは、海外へも波乗りの旅に何度も行きました。
僕にとっては海外のサーフィンとは、ただ波に乗るために行くのではなく、
その国の文化を知る、好奇心を満たせる楽しみでもあります。
文化の違いを知ることにより、日本では学べない多くのことを知ることができます。

僕にとっては、サーフィンとは旅する楽しさを教えてくれた、ひとつの生き方でもあります。
波乗りと旅と読書。
この3つが、僕にとっての人生の快楽のような気がします。

なんだか話がずれてきましたが、ようは、行動が早いことはそれだけ早く自分に
なにかが返ってくる。
それがすべて良い事ではないかもしれないけれど、無駄ではないことが後でわかる。
そんな気がします。
だから、なんでも「損か得か」とかで物事を考えないで、もっと素直な心で
行動することが大事なんだと思うのですが。
by cafe_delmar | 2014-11-28 10:00 | デルマー前:波情報
商品以外の何を売ればいいかを考える
17:00・・今日の波/ヒザこし・曇り

カフェ、今日も元気営業していました。

今週は、おかげさまでお客さんが多く、海に入る時間もなく、
夕方までブログを書く余裕がありませんでした。
腰も痛いし、こんな時は近くの宝喜温泉に行きたいなぁ。

最近読んだビジネス本です。
f0009169_18172937.jpg


『商品だけを売っていて商売が成り立つ時代は終わりました。』
じゃあ、何を売ればいいのか?
そのヒントがいろいろと紹介されている本でした。
by cafe_delmar | 2014-11-27 18:24 | デルマー前:波情報
毎年、ランキング1位の僕のビジネス本
16:00・・今日の波/アタマ・曇り
まだ荒れた海ですが、明日はお天気も良くなり、波がまとまりそうな予想です。

カフェ、元気に今日も営業しています。
今日は朝からバタバタと、あっという間に夕方になりました。

f0009169_16533667.jpg


僕は商売を始める時から、たくさんのビジネス本をこれまで
読んできました。
たぶん、ビジネス書類なら500冊以上だと思います。
理由は、商売の上手なやり方を勉強しないと、自分だけではわからないからです。

そのなかで、凡人の僕が今でもいちばんわかりやすくて、
勉強になる本がこの本です。
もう10年ぐらい前から、何度も読み返している本。
松下幸之助さんが書いた『商売心得帖』発行:PHP研究所です。
1973年に出版された本ですが、今の時代でも十分通用する内容ばかりです。

商売を続けていくことで大事なことが、わかりやすく書かれている。
その中のひとつの話
自分の店の力を判定する

「商店の主人公が、自分の店の価値というものを正しく判断しない場合は、
おおむね失敗します。
隣の家が店を改造した、たくさんの人をおいた、だから俺の
ところもやってやろうと、
こういうように考える場合もありましょうが、しかしそれだけでは
失敗する場合が多いと思うのです。

それよりも、隣の店はそういうことをやっていい店である、しかし自分
の店はそういうようにやってはいけない、自分の店としてはそういう
ことをやらないで、むしろこういうふうにやったらいいだろう、というように
自分の店に適した商店の経営法というものを、自らキャッチしなければならない
と思うのです。

自分の店の力というものをはっきりと判定し、それをしっかりキャッチして、
その上で商売に処していくということが、極めて大事なことであり、またそこに
個人としての責任というものがあろうかと思うのです。
あの人がやったから、自分もこうしよう、というのではおおむね失敗する
ことが多いのではないでしょうか。」

松下幸之助さんは、やっぱり『みんなと同じはやばい』ということを
わかっていた人なんだなぁ。
幸之助さんは、『みずから判定すること、自分自身を正しく認識すること』が大事だと。

自分自身の評価を正しく判断できる人になる。
商売人に関係なく、生きることで大事なような気がします。
長いあいだ、それができなかったのが僕だから。
幸之助さんの話が身に染みてわかります。
by cafe_delmar | 2014-11-26 16:56 | デルマー前:波情報
子供店長ならぬ子供スタッフ
9:00am・・・今日の波/クローズ・雨
本日、振替休日にてカフェお休みです。

三連休は大忙しでスタッフ足りず??
はるきもお手伝いがんばってくれました。

ゆうともこの夏、サーフィンスクールやレンタルボードのお手伝いをがんばり、
3DSをゲット。

はるきはご褒美のおやつのためにがんばってくれるので大助かり。

デルマー、子供店長ではないが、子供スタッフがんばってます。

f0009169_10193288.jpg

f0009169_10193378.jpg

f0009169_10193449.jpg

f0009169_10193454.jpg

はるき、お手伝い動画はこちら(^_^)
http://youtu.be/0qUXdng95S4
by cafe_delmar | 2014-11-25 10:03
春樹とお散歩
8:00am・・今日の波/ヒザコシ・晴れ

カフェ、今日も元気に営業しています。
(明日火曜日は、振替で休みます)

昨日、ランチタイムが終わってから、春樹とデルマー前のビーチへお散歩。
ユウトが友達の家に遊びに行って、さみしかったみたい。
f0009169_8263949.jpg

f0009169_8271519.jpg

f0009169_8274013.jpg

f0009169_8275840.jpg

f0009169_8281661.jpg


冬の日本海は、海の状態はすぐに変化します。
早朝、波がなかったのに、北風が強く吹き出すと、昼過ぎにはアタマサイズまでアップ。
f0009169_8283662.jpg


12月になると海も少し寒くなります。サーフブーツ、グローブ、インナーの用意をすることで、
寒さを防いで、快適に波乗りできます。
f0009169_8285060.jpg


by cafe_delmar | 2014-11-24 08:36 | デルマー前:波情報
良い本は、何度も読もう。
10:00am・・今日の波/ひざ下・曇り
北風が吹いてきました。

カフェ、今日も元気に営業しています。
(明日月曜(祝日)は営業します)

そろそろ今年のいろいろなテーマのランキングがメディアで取り上げられてきましたね。
僕の今年の読書ベストランキングもそろそろ決まりです。

その前に、今日、お客様からメニューのファイルに挟んである以前のランキングのチラシを
コピーしてほしいと言われたのでお渡ししました。
どの本も、また読んでみたい本ばかりです。
良い本は、何度も読もう。
人は忘れるのが当たり前だから。
f0009169_10133267.jpg


f0009169_10135335.jpg


僕の年間読書ランキングちらしをご希望の方は、コピーしてお渡しします。
by cafe_delmar | 2014-11-23 10:14 | デルマー前:波情報
2分でいいから、毎日続けたい。
9:00am・・今日の波/静かな海・晴れ
日本海がきれいに見える良いお天気ですが、波はありません。

カフェ、元気に今日も営業しています。
(来週の月曜日(祝日)は営業して、火曜日に休みます)

今週12歳になったユウト。
f0009169_9372519.jpg


最近、夜に春樹と悠とと一緒にこの本を読み聞かせしています。
アメリカのロン・クラークという小学校の先生が書いた本です。
f0009169_9375058.jpg


by cafe_delmar | 2014-11-22 09:43 | デルマー前:波情報
車に波乗りさせたい人がいる
9:00am・・今日の波/静かな海・晴れ

カフェ、元気に今日も営業しています。

きれいな日本海が見える朝です
f0009169_9184853.jpg


ショートボードより、テイクオフが楽なファンボードばかり乗る悠と。
子どもは素直だ、乗りにくいボードは選ばない。
f0009169_9191877.jpg


サーフィンスクールをしていると、ときどき質問されることがある。
スクールが終わって、波乗りを続けようと考えている人が、
『車(軽自動車)に入るボードの長さを教えてください』

そういう人は、自分が乗りやすいボードが何かを考えないで、
まず、車の中に入るかどうかからボードを選ぶ。
車が波乗りするわけじゃないんだけど、車を基準にサーフィンをすることから考える。
今まで、その基準で選んだ人を何人も知っているが、ほとんどの人が
ボードがその人のライフスタイルに合っていないので、まともに波に乗れない年月を
長くおくっている場合が多い。

僕が波乗りを始めた32年前は、車の屋根にアロハキャリアをつけて
海に行くスタイルが当り前だった。
車の中に入れることばかりにこだわるサーファーは少なかった。

時代は変わった。
今は、みんな車の中に入れたがる。
別にいいんだけど、海に来るのが月に1・2回で、体力もあまりない人が、
ショートボードが車の中に入るからと言って買っても、まともに乗れるようになるのは、
何年先になるのだろう。(続けていればの話だが)

車の新車を買う場合でも、ディーラーで試乗させてくれる場合があります。
サーフボードも、レンタルボードなどをしているお店もあるので、
一度試してから、自分に合うボードを購入する方が失敗が少ないと思います。
人それぞれ顔がちがうように、サーフィンのスタイルや向いているサーフボードも違います。
みんなと同じでは、自分に合うボードを見つけるのはむずかしいかもしれないと僕は思います。
by cafe_delmar | 2014-11-21 09:24 | デルマー前:波情報