ブログトップ | ログイン
<   2014年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
すこーしも寒くないわ〜
2:00pm・・・今日の波/コシ・曇り時々雨

はるきは保育園が5日までお休みなので、遊び相手がいないとつまんない。

でも、Yねちゃんが遊びに来てくれたので、大喜び。

冬なのに、お外でシャボン玉♪
少しも寒くないようで、大はしゃぎ。

大好きなかっぱずしや宝喜温泉にも連れてってもらい、ハイテンション。

Yねちゃん、ほんまにありがとう。
来年もデルマーの看板娘、よろしくね。

f0009169_1450038.jpg

f0009169_1450181.jpg

f0009169_1450257.jpg

f0009169_1450363.jpg

f0009169_1450465.jpg

f0009169_1450528.jpg

f0009169_1450659.jpg

マスターもやっと海へ出動〜♪
すこーしも寒くないわ〜らしいです。
f0009169_145074.jpg


今年も皆さんから暖かい言葉をもらい、幸せに過ごせた事に感謝します。
来年からも初心忘れず、がんばります!

by デルマーママ
by cafe_delmar | 2014-12-31 14:34
丁寧な仕事は全力ですること
9:30am・・今日の波/アタマ・曇り
西うねりが上がり始めました。
今日は気温も高く、場所を選べばファンサーフができそうです。

カフェ、今日も元気に営業しています。
年末年始、休まず営業します。

今日のカフェのBGMは、このCDを中心にかけていきます。
特に浜省は、いっぱいかけまくります。
なんでかと言えば、明日で今年も終わりなので、一年に一日ぐらい
そんな日があってもいいかなと思ったから。
f0009169_1023928.jpg


スィーツ好きな人なら知っている有名人、小山進さんの著書。
昨年読んだ本です。
f0009169_1025665.jpg


この秋から取引を始めた関東の有名なウエットスーツブランドの会社。
ウエットの品質が良い事で有名だが・・・。
僕は、サーフグローブやブーツなどのサーフギアのブランドでお世話になったのですが。
担当者の対応がいい加減で、ちょっと付き合いにくいところだなと思っていたら、
年内最終の注文した商品もミスがあり、届いた日に電話しても、その会社は
もうお正月休みの留守番電話。

商品は一流だが、サービスは三流だった。
初めは怒りが込み上げてきたけれど、今はがっかりした気持ちになりました。
それと同時に、そのいいかげんな会社の相手のおかげで、僕自身、お客さんのために
自分ができることはすべてやってみようと思いました。
これまでしてきたつもりをもう一度、あらためて相手の立場から見る視点を
持っていこうと思います。
サービス(商売)の基本をあらためて、そのいい加減な会社の対応のおかげで、
教えてもらうことができました。

そして、頭の中で、ある本が浮かんできました。
それは、昨年読んだ本なのですが、兵庫県の三田でお店を経営している
小山進さんの著書「丁寧を武器にする」発行:祥伝社
1日1600本のロールケーキを売るお店として有名だ。

その小山さんのメッセージが、そのサービスは3流の会社のおかげで、もう一度鮮明に
頭の中に思い浮かび、「なるほど、こういうことだったのか」と理解できました。
その小山さんの著書のまえがきに書かれていた言葉を紹介します。
『どんなジャンルの仕事であっても、丁寧な力こそ仕事の基礎力になる。
・・・・
僕は、そのときそのとき、目の前にあることをただただ一生懸命に取り組んできた。
それはケーキに限らず、ケーキのパッケージ、リーフレット、店のレイアウト、
庭の作り方、お客様への対応やスタッフの育成など、すべてのことに対してである。
今考えると、それが「丁寧な力」であるかもしれない。』
   著書本文より

丁寧に仕事をする。
それがお客さんの為にもなる。
それが、自分を助けてくれる武器になる。

小山さんの伝えたいことが少しですが理解できたように思えます。
一流の商品なんてどこにでもある。
それ以上に、相手に伝えたい思いがあるかどうか。
考えて考え抜いた相手への思い。
それがあるかどうかが、本物の一流かどうかの判断になると僕は思う。

今日から、今から、僕も本物の一流を目指そう。
お客さんのために、自分のできることはすべてやってみよう。
そして、毎日の仕事を丁寧にこなしていこう。
それが、本物のサービスにつながるような気がします。
by cafe_delmar | 2014-12-30 10:13 | デルマー前:波情報
いくら欲しくても売っていないものがある
10:00am・・今日の波/すね・晴れ
これから西風の波が上がりそうです。

カフェ、今日も元気に営業しています。
年末年始、営業します。

家族
f0009169_10413578.png

f0009169_1042569.png


まわりには、家族と同じような大切な人もいます。
f0009169_1042214.jpg


先週は、大阪で3日間ほど真樹ちゃんの実家でゆっくりと過ごさせてもらった。
お店に必要な買い物などもあり、バタバタした帰省だったけど、
家族で集まることができて、居心地良く過ごすことができました。

僕は20代の頃までは、家族に対して良い人間ではなかったし、
それほど家族に対して特別な感情も持っていなかった。
親に感謝する気持ちが素直に生まれてきたのは、30代になってからだ。

そんな僕でも、自分の家族を持つようになって、更に、自分の親の
ありがたさを感じるようになった。
家族がいて、そこに集える場所がある。
それだけですごく幸せだなと思えるようになった。
僕の友人たちの両親は、すでに亡くなっている人もいる。
そんな中で、今も元気にいてくれることが、素直にありがたいなぁと思える。

自分の家族がいるということ。
そして、その家族が集まれるということ。
これは、おカネでは買えないすばらしいものだ。
やっと、僕はそういうことがわかるようになった。
ちょっと遅すぎるけど、年の瀬にそんな思いが強く心に浮かびました。

家族がそろって、ただ一緒にご飯を食べる。
それだけで、
幸せになれる。
そんな家族を持っている人は、世界でいちばんの成功者かもしれない。

いくらたくさんのお金をもっていても、家族を売っているお店はありません。
by cafe_delmar | 2014-12-29 10:45 | デルマー前:波情報
さあ、今日から1月4日(日曜)まで、元気に仕事をしよう。
9:00am・・今日の波/ヒザこし・快晴
メローなうねりです。

カフェ、元気に営業しています。
年末年始は休まず営業します。
28日(日曜)から1月4日(日曜)まで営業します。

今日はサーフ日和の今年最後の日曜日になりました。
海の中は、サーファーさんでいっぱいです。
f0009169_9394162.jpg

年末年始、ほとんどの人は仕事を休んで、ゆっくりとした休日とお正月を
過ごすことでしょう。
でも、仕事をしている人もたくさんいます。
僕たち夫婦も、そんなお正月でも働いている人たちと同じように、
誰かのために役立てるように、元気に仕事をしようと思います。
by cafe_delmar | 2014-12-28 09:43 | デルマー前:波情報
未来は得体がしれないけれど、働き方の未来は自分でつくれる
27日朝

カフェ、本日(土曜日)も休みです。
ただし、年末年始は営業します。
明日28日(日曜)から1月4日(日曜)までは、休まず営業します。

美味しいものを食べると、元気が出てきた。
f0009169_10591111.jpg


鳥取から観光にやってきた大阪人。周りは外国人の比率高い。昔とは違います。
f0009169_10592654.jpg


f0009169_1055230.jpg


f0009169_10551720.jpg


昨年の夏に読んだ本をもう一度読み返したいと思いました。
ロンドン・ビジネススクールの教授リンダ・グラットンさんが書いた著書。
『ワークシフト』発行:プレジデント社

過去20年間の働き方や生き方の常識が多くの面で崩れようとしている。
朝9時から夕方5時まで勤務し、月曜から金曜まで働いて週末に休み、
学校を卒業してから引退するまで一つの会社で勤めあげ、親や兄弟と同じ国で暮らし、
いつも同じ顔ぶれの同僚と一緒に仕事する__そんな日々が終わりを告げ、
得体のしれない未来が訪れようとしている。

その得体のしれない未来について、私は知る必要があった。それは、私に問いを投げかけた
人たちにも、そして、この本を読んでいるあなたにも必要なことだ。
確かなことはわからなくても、未来がどうなるかというおおよその方向を知り、
自分の志向と価値観に沿った一貫した視点を得る必要がある。
あなたが、私が、私の息子たちが、私たちにとってすべての人たちが、働き方の
未来を理解しなくてはならない。自分のために、そして大切な人たちのために
未来に備えるうえで、それが不可欠なのだ。
・・・・「ワークシフト」本文より

2025年になっても、僕は働き続けているだろう。
そして、自分の子供(ゆうと)も社会人になり働き出しているかもしれない。
生きていくことは、働くということだ。

リンダ教授は言う、『漠然と迎える未来』と『主体的に築く未来』には、
人生の質に大きな違いが出る。

未来に対してどんなふうに考え、行動していくか。
来年からの自分の姿を創造していくことをしてみようと思う。
日々の忙しさは変わらないけれど、朝少し早く起きて考えたり、夜の静かな時間を
つくってみる。
自分の未来は誰も教えてくれない。
自分でつくるしかない。

最後にリンダの著書からのメッセージ
『未来について考えて行動することを後回しにし、手遅れになるのは避けてほしい』

PS/昨年、この本を読んだ後に書いたブログは、
8月20日「幸せに働く」とはどういうことか?に掲載しています。
興味のある方は、2013・8・20のブログを読んでみてください。
by cafe_delmar | 2014-12-27 10:57 | デルマー前:波情報
話題のあの店に。。。
夕方/大阪ミナミ・・・曇り

グルメファンに人気の『俺のイタリアン』
前から1度食べに行きたかったお店。

夫婦でお店で飲むのは久しぶり。
一年のご褒美、いただきまーす!
f0009169_1831241.jpg

f0009169_1831341.jpg

f0009169_1831328.jpg

f0009169_186468.jpg

f0009169_186599.jpg

by cafe_delmar | 2014-12-26 16:57
自分を変化させたい人がやるべきこと
9:00am・・今日の波/アタマ前後・雨&みぞれ
風が入り、荒れ気味です。

カフェ、3日間休みます。
(25日(木)・26日(金)・27日(土)は休みです)
年末年始営業します。
28日(日曜)から1月4日までは休まず営業します。

昨日、デルマーファミリーは砂丘イルミネーションへ。
f0009169_1001025.png

f0009169_1004544.png

f0009169_101123.png

f0009169_1013965.png

f0009169_102957.png

f0009169_1023598.png


経済評論家の勝間和代さんは、人間が変わる方法は3つあると言います。

1.時間配分を変えること
2.付き合う人を変えること
3.住む場所を変えること

自分に当てはめて考えると、3をしたことで2が変わりました。
1も仕事が変わり環境が変わったことによって、変化したような気がします。
たとえば、大阪で会社員のときにはしていなかった子供の保育園の送り迎えを
毎日するようになったこと。
お風呂掃除や食器洗い、洗濯物を干したりかたずけたりなどを普通にするようになった。
仕事以外の時間配分をするようになった。
休日を自分で決めるようになった。(会社から決められた休みではない)
子供といっしょの時間がすごく増えたし、子供の毎日の様子がよくわかるようになった。
夫婦で一緒の仕事をするようになり、お互いの長所などのよいところを認め合えるようになった。
でも、ちょっと夫婦喧嘩が増えたかな。(^_^;)

毎日のようにスーパーに行くので、レタスやニンジン、トマトなど野菜の
値段の変化をすぐにわかるようになった。
野菜の旬がいつかわかるようになった。
地元のテレビや新聞に出ることができたことなど。
あきらかに、大阪でサラリーマンをしていた時の僕とは違う人間になったような気がします。
人はやる気になって行動すれば変われるんだな。
なんか、あらためて自分の今やっていることを考えてみると、昔の自分と違う自分が
いるんだと思いました。

今年も残り少ないですが、自分を変えてみたいと思っている方は、
勝間さんの言う3つの方法、
1.時間配分を変えること
2.付き合う人を変えること
3.住む場所を変えること
どれか一つでも試してみることをお勧めします。
by cafe_delmar | 2014-12-25 10:06 | デルマー前:波情報
やらなくてはではなく、やりたいからやる。
15:00・・ヒザコシ・曇り
昨日まで大きかった波も、風向きが変わると一気にサイズダウンします。

カフェ、元気に営業しています。
明日25日(木)から27日(土曜)の3日間、休ませていただきます。
ただし、28日(日曜から)1月4日(日曜)までは、休まず営業します。
ということで、年末年始(お正月)は営業しています。

今日の昼過ぎのデルマー前。
f0009169_15272689.jpg


今日は、朝1時間ほど海に入りました。
インナーは最近購入したMAGICというブランドのショートジョンタイプ。
18,000円(税別)もしたので、ほんとにカタログ通りに暖かいのかを確かめました。
びっくりです。
今まで着たインナーのなかで、いちばん暖かい。
高いだけの価値はありました。
もし、今持っているフルスーツで、冬をもう少し暖かくサーフィンがしたい人は、
このマジックのロイヤルインナーはお勧めです。
これはいちおう僕の体験談なので、あまりにも寒がりの人はドライスーツのほうがいいかも。
f0009169_15264864.jpg


偶然つけたテレビで観たNHKの朝ドラ『マッサン』。
そのシーンのなかで、覚えておきたいセリフがあった。
日本で初めてのウィスキーづくりをするマッサン。
ドラマをほとんど見ていないのでどんな人か知らないが、漫才師の巨人が
演じている役の人に、ウィスキーの試作品をおいしくないとけなされる。
そして、ウィスキーづくりをやめた方がいいと言われる。

そこで、本物のウィスキーづくりにもう一度挑戦することを、工場の仲間たちに
言うセリフが『俺はやらなくてはでなく、やりたいからやるんじゃ』と言うような
ことをたしか言ったと思います。

どんな仕事でもそうだけど、『やらなくてはいけないことだからやる』よりも、
『やりたいからやるんだ』の方が、成功するような気がします。
きっと、「やるんだ」と言うほうが、なかなかあきらめないと思う。
ぼくも、「やりたいからやるんだ」と言う気持ちを持って、
来年に向かいたいと思いました。
by cafe_delmar | 2014-12-24 15:29 | デルマー前:波情報
ホワイトではないクリスマスイブ
10:00am・・・今日の波/ヒザコシ・曇り

☆今日も元気にカフェ デルマー営業しています!(本日5:00pm終了)

明日より12/25〜27までちいさなお休みいただきます。年末年始12/28〜1/4は営業します*\(^o^)/*

ホワイトクリスマスになるかと思っていたが、すでに雪は解け、子供たちも久々に運動靴で学校保育園に出動。

マスターも海に出動。

海には人もたくさん。
今日は冬の海に思えないおだやかさ。

メローなイブで心地いい。

昨日からピザの予約もたくさんあるので、ママもお仕事がんばりまーす!

今日もはりきっていきましょう〜♪

メリークリスマス!
f0009169_10441677.jpg

f0009169_10441767.jpg

メリークリスマス!
f0009169_1058267.jpg

f0009169_1058324.jpg

by cafe_delmar | 2014-12-24 10:29
大河ドラマ「軍師官兵衛」をやっとみる
11:00am・・今日の波/アタマ・曇り
サイズダウンしてきましたが、まだ荒れ気味のうねりです。
ポイントによっては楽しめそうです。

カフェ、今日も元気に営業しています。
(今週は、25日(木)・26(金)・27日(土曜)の3日間、休ませていただきます)
ただし、年末年始は営業します。

f0009169_11404376.png


f0009169_11411676.png


NHKの今年の大河ドラマ『軍師官兵衛』を今年初めて見たのは、
最終回の21日(日曜日)。
戦国時代の歴史が好きな僕は、ほんとは初めから見たかったけど、
裏番組で子供たちが大好きな番組「いってQ」を放送していたので、
ずっと我慢していました。
DVDレコーダーの裏番組録画が付いた機能は、もう10年ぐらい使っている
我が家のレコーダーには付いていません。
そんなわけで、最終回だけは僕の意見を優先してもらい、官兵衛を観ました。

官兵衛の最後は、天下人にはなれなかったが、ナンバー2としては成功した
武士だったような気がします。
それよりも、大阪城が家康により落城して、豊臣家が滅んでいくことの下りがもう少し
くわしく演出してほしかったかな。
まぁ、官兵衛が主役の話だから仕方ないけど。

この大阪城の落城で亡くなった秀吉の側室(淀殿)は、これまで2度も落城にあっている。
1度目は、伯父の織田信長により小谷城を攻められて落城。
父の浅井は自害。母のお市のかたと姉妹で生き延びた。
2度目は、柴田勝家の北の庄城で秀吉に攻められ落城。
ここでは、母のお市の方が勝家と共に亡くなる。
そして、3度目は淀殿自身が戦いのトップに立ち、大阪城は家康により落城させられ、
秀頼と共に亡くなった。

3度も落城という体験をした淀殿(茶々)。
織田信長の時代から、秀吉、家康の時代へと変化していく乱世を生きていた。
死ぬということがいつも身近にあった戦国時代。
官兵衛もすごい人だが、最終回を観たら、淀殿の生涯もまたくわしく
知りたくなりました。

僕が思う淀殿の失敗は、関ヶ原の戦いのときに、秀頼といっしょに西軍と共に
戦わなかったことだと思います。負けたら後ろがないというところに追い込まず、
逃げ道を作ってしまったところに敗因があった。
西軍の大将として秀頼が出陣していれば、裏切る武将も少なかった可能性が高い。
あの関ヶ原の西軍の敗戦で、大阪城の落城の前に、豊臣家の滅亡が既に決まっていたのでは。

また、戦でほとんど負けたことがない秀吉だったが、唯一の失敗は、小牧長久手の戦いで、
家康に勝つことができず、講和したことだ。
ここで軍師だった官兵衛はどんな助言を秀吉にしたのだろうか。
あの戦いで、柴田勝家のようにもし家康を滅ぼしていたら関ヶ原の戦いはなかった。

戦国時代は、ひとつの戦略・采配ミスで生き残れるか死ぬかが決まる。
そんな恐ろしい時代だった。
いまは、失敗してもたいがいのことでは命まではとられない。
時代が変われば、生き方も変わる。
だから、勇気を失わないで生きていきたいな。

PS/戦国時代の歴史に詳しい人がいれば、カフェでいろいろ教えてください。
冬はゆっくり話せる時間がありますよ。
by cafe_delmar | 2014-12-23 11:44 | デルマー前:波情報