人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
少ない練習量ではうまくならないのは当たり前のことなんです
7:00am・・・・今日の波/コシ・雨

サーフィンスクールをやっていると、たまにこんな質問を受けるときがある。
『サーフィンを初めて一年ぐらいたつのですが、うまくボードに乗れません』
僕はこの類の質問を受けたら、必ず次のように尋ねる。
「その一年で、何回サーフィンしたのですか?」
そう聞くと、だいたい月に1から2回だけしかサーフィンしていないとかの場合が多い。

サーフィンというスポーツは、簡単にはうまくならない。
ましてや、月に1・2回ぐらいで一年しかたっていなければ、うまく波に乗れる可能性は低い。
又、使っているボードがショートだと、なおさら難しいだろう。

これはビジネスの世界でも同じで、経営コンサルタントで成功している人は、
数千冊の本を読んでいたり、数千万円の自己投資をして、
自らの価値を高めている場合が多い。
一流のスポーツ選手も同じだ。
一番練習している人が、超一流選手の場合が多い。
簡単にうまくなれる、簡単にお金を稼げるという話があるとすれば、
そのほとんどはウソだと思う。
ある程度のことを何でも成し遂げようとするなら、それなりの練習量をこなさなければ、
スポーツやビジネスの世界で成功する確率は低いだろう。

最近読んだ本『コーヒーとサンドイッチの法則』の著者、竹内正浩氏は投資家として
日本やアメリカの企業1000社以上を分析してきた。そして、投資家として成功。
又、2000冊以上の本を読み、経営コンサルタントとして現在は活動している。

竹内氏のこの本の中には、いろいろな法則が紹介されているが、マクドナルドが
「80対20の法則」に当てはまるとは知らなかった。
不況と言われている中、現在、マクドナルドの売り上げは絶好調だ。
マクドナルドの例を知りたい方は、竹内氏の本を読んでみてください。
又、「80対20の法則」を詳しく知りたい方は、リチャード・コッチの著書
『人生を変える 80対20の法則』TBSブリタニカ発行を読んでみてください。
僕はこの本を約6年ぐらい前に読んだのだろうか。
すごく影響を受けた本の一つです。
久しぶりに読み返すと、ビジネスのヒントがいっぱい詰まっている言葉が
いろいろ出てきて、また面白く読み返してみました。
by cafe_delmar | 2009-03-26 07:10 | デルマー前:波情報