人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
敗者は忘れ去られる
6:30am・・・・今日の波/ひざ前後の風波・くもり・北東の風が強い
         今日から週末まで、波が続きそうです。

今週、プロボクシングの内藤大助さんのタイトルマッチがあった。
結果は、内藤選手の判定勝ち。
34歳で世界チャンピオンにいることに、おめでとうと言いたい。

それにしても、内藤選手も立派だが、同じように僕の記憶に残っている選手がいる。
昨年の12月23日、内藤選手に挑戦した山口真吾選手。
11RTKO負けで敗れてしまったが、すごくいい試合だった。
内藤選手も好きだが、この試合を見ていたら、山口選手にも勝たせてあげたい気持ちが
わいてきたことを思い出す。
それほどすごい両者のぶつかり合いだった。

しかし今、それほどいい試合をした山口選手を覚えている人はどれくらいだろうか。
ボクシングに興味がある人ぐらいだろう。
方や、チャンピオンの内藤選手は多くのメディアにも登場し、有名人になっている。
それが、一番と2番の差だ。

日本一高い山を知っている人はたくさんいるが、
2番目を知っている人は少ないだろう。
ホームランを日本一打った選手はみんな知っていると思うけど、
2番目は誰だろう。

ぼくも、この2問の2番目は知らない。
2番とは、勝負の世界で言うと、敗者と同様だ。
覚えられることが極端に少ない。
これって、ビジネスの世界でも同じ。
だから、経営コンサルタントは言う、『どんな分野でもいいから、一番になれることを見つけなさい』と。

ただ、僕は思う。
敗者でも、山口選手のように、人を感動させることはできる。
「僕は、この試合のことは今でも時々思い出します」
あの、チャンピオン内藤選手にいくら打たれても、前へ前へ行く山口選手のガッツ。
しばらくは、忘れられないなぁ。

その山口真吾選手の復帰戦が、7月6日にあるそうです。
ぜひ、再度世界に挑戦してほしいと思います。
又、あんな感動する試合が見たいから。
by cafe_delmar | 2009-05-28 06:37 | デルマー前:波情報