人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
直感があってる場合もある
6:00am・…今日の波/ひざ・雨
      ロングなら乗れてますね。

ある日の夜、サーフィンスクールを受けたいとの電話があった。
いきなり、波がありますか、あるんだったら受けたいんだけど。
名前も名乗らず、話し方の感じも悪かったので、今の時期は波のある確率が
高い四国で受けた方がいいよと他をすすめた。

僕ね、サーフィンスクールに関しては、人を選びます。
商売だからと言って、誰でもいいとは思っていません。
だから、直感で『あっ、この人いやだな』と思ったら、受けないようにします。
直感て、すごく当たるんだな。
反対に、これまで電話などで、丁寧な話し方や、きちんとした申し込みをされた方の
多くは、友人になりたいなと思えるような、良い人ばかりでした。

そんな基準で選んでいるので、商売人としてはバカかもしれません。
しかし、僕の大好きなサーフィン、なんか自分がやだなーと思う人には、
あまり教えたくないんです。
そんな、へんなサーフィンスクールの先生ですが、しばらくは、そんな基準で
続けて行こうと思っています。

今の商売を始める前、大阪であるサーフィン商材を扱う商社で働いていた時、
基本的に取引のあるお店のルート営業の仕事をしていたんですが、
その中ですごい嫌な取引先のお店があった。
その店のオーナーは、業界の他メーカーにもすごい評判が悪かったが、
当時は良く売るお店だったので、
みんな付き合っていたようだったが、他社メーカーの営業マンで、少し仲良くなったS君は
その店には営業に行かなかった。
僕が、『なんで売れているお店なのに行かないの』と聞くと、
『だって、あそこのオーナー、性格すごい悪いでしょ。だから嫌なんですよ』

その言葉を当時聞いて、僕は正直どれだけ感動したか。
ほんとは僕だって、その店には行きたくなかったが、会社員としての仕事上
業務をこなさくてはいけなかった。
『その店に行くたびに、ぐちぐち文句ばっかり言われ、自慢話をさんざん聞かされた』
相手の人格が嫌いだとかで、仕事を選べなかった。
まぁ、ほとんどのサラリーマンは、そうじゃないかなと思う。
その前提を覆すようなS君の言葉は、今でも忘れることができない。
人間、誰でもかんでも合う人ばかりとは限らない。
やっぱり、自分と波長があう人とできるだけつきあいたい。
なんか子供のような思いかもしれないけれど、好きになれそうな人とこれからも
どんどん出会っていきたいな。

PS/正直に生きることは大変だ。
でも、そうすると、すごい爽快感と言おうか、変なストレスはたまらないのかもしれない。

直感についてのおもしろい本があります。以前にも紹介しましたが、
マルコム・グラッドウェルの『第1感・最初の2秒のなんとなくが正しい』
マーケティングに興味がある人には、おもしろい本だと思います。
by cafe_delmar | 2010-07-15 06:35 | デルマー前:波情報