ブログトップ | ログイン
勝間さんよりすごいオカンやった
9:00am・・・・今日の波/アタマオーバー・曇り
近くのビーチはできそうでした。
カフェ、今日も元気に営業しています。

昨日、あるテレビ番組に出ていた、漫才師TKO木下の「おかん」の物語が勉強になった。
夫が作った借金で夜逃げの生活から、一家心中寸前まで。
しかし、その後大逆転。
今では年商20億の飲食店グループ社長。
その成功法則は、まさにランチェスター戦略が入っていた。
ただ、このオカンは、そんな勉強なんかしなくても、天性の商才があった。

ラーメンチェーン店の「一風堂」のオーナー、河原成美さんも木下のオカンと似ているところがある。
河原さんは20代のサラリーマンの時、ある事件を起こし逮捕された。
会社はクビになり、父親も責任を取って教師を辞めた。
人生のどん底に落ちたと思った河原さん。
この時、「生まれて初めて自分自身と深く向き合った」そうです。
『しかし、本当の自分を見つめるのは、ずいぶんつらい作業でもありました』

そのご、博多で小さなバーをはじめ、ラーメン界へ参入。
今では、年商100億の会社を作り上げた。

木下のオカンも、河原さんも一度はすごいどん底にいた。
そこから、這いあがった人たちだ。

河原さんの著書「五輪書」致知出版社
この中に書いていた、河原さんのメッセージを紹介します。

みんな自分の人生の主人公なんだよ。
他人と比べたり、うらやんだりしなくていい。
あなたはあなた、他の誰でもないあなたなんだよ。
もっと自分に自信を持て。
常識や社会通念なんて関係ない。
ましてや他人の意見に惑わされる必要はない。
今、あなたが考えていることは正しいんだ。
それを信じて強く生きていこう。

この「五輪書」は平成16年に発行されたもので、その後、河原さんの本が
いくつか出ていると思います。
河原さんの生き方の原点を知りたい方は、この「五輪書」がお勧めです。
僕が読んだのもかなり前ですが、忘れられない良い本のひとつです。
by cafe_delmar | 2012-02-25 09:33 | デルマー前:波情報