人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
私はあなたのことを知っている
6:40am・・今日の波/クローズ・晴れ
明日は南風が吹いて、ポカポカしそうです。

カフェ、今日も元気に営業します。

今日は家族のことを思う一日でありたい。
私はあなたのことを知っている_f0009169_6581924.jpg


私はあなたのことを知っている_f0009169_6584147.jpg


コメダコーヒーが、昨年鳥取市内にもオープンしました。
今人気のコーヒーチェーン(喫茶店)です。
僕たち家族も、昨年の末に行ってきました。
僕は10年以上前に大阪で会社員だった頃、仕事で愛知に出張した時にたまに利用していたので、
知ってはいました。
コメダのお店はきれいな店内で、お店も広く、客席も一人からグループまで、
いろいろなバリエーションがあるので、ゆっくりとできる雰囲気があります。
フードメニューも豊富なので、人気があるのはわかります。

ただし、喫茶店といってもそこはチェーン店なので、店員さんと個人的な会話を楽しむという
ことは基本できない雰囲気だ。
お店のオペレーション(作業効率)はすぐれているけれど、お店の人とコミニュケーションを
楽しむという感じではない。
あなた(お店の従業員さん)は私のことは知らない。
これは、コメダに限らず、大手ファーストフードチェーン店はほとんどが同じだ。
たとえば、レジでそれぞれのお客様と個人的な会話をしていたら、数がさばけないから効率が悪くなる。
薄利多売のチェーン店ならしかたないことだろう。

反対に、僕たち夫婦が経営しているパパママストアのカフェ(喫茶店)は、
大手チェーン店のように、早く商品(フードメニュー)を出したり、
低価格にも簡単にはできないことが多い。
しかし、顔見知りのお客さんとは、個人的な会話をすることができる。
仕事の悩みや、家族関係、人間関係、趣味の話や本の話など、お店が混んでいないときは、
ゆっくりと話をすることがよくあります。

ある常連のお客さんの男性は、心の病気があるせいか、同じ話を僕にもう100回近く
お店に来るたびに話をしただろうか。
それでも、僕はその同じ話をされた時には、初めて聞くような気持ちでそのお客さんの話を聞くようにしています。
もう話す内容は僕もほぼ覚えているぐらいです。
でも、絶対に『その話は聞きました』とは言いません。
なぜか。
それは、そのお客さんは、僕に話を聞いてほしいからお店に来ているからです。
それを、僕がその話は前にも聞きましたと、その話は知っていると言うと、
そのお客さんは僕に話すことができなくなるからです。
そのお客さんに気持ちよく話をさせてあげることが、僕の仕事だからです。

正直、今まで何度か話の途中で眠りそうになったこともありました。
そんな時、『マスター疲れていますね』なんて言われたりして。
ちゃんと話を聞けないこともありました。
それでもまた来てくれるお客さん。

そんな、まだまだ『人の話をちゃんと聞けないことがある』僕ですが、
私は、あなたのことをちゃんと知っていますと言えるお客さんを増やしていきたいと思います。
非効率だけど、「人と人がつながっていける場所」というカフェでありたい。
その気持ちを忘れないで、今日も仕事を楽しみたい。
by cafe_delmar | 2014-03-11 07:07 | デルマー前:波情報