ブログトップ | ログイン
群れないで生きてきた漫画家
7:00am・・今日の波・クローズ/雨&雪
冬型の天気になり、海は大荒れです。

カフェ、元気に今日も営業します。

f0009169_722861.jpg

自由に生きたいから、群れの中に入らず、堂々と生きてきた。

長崎の漁師の家に生まれ、歳の離れた姉と兄の4人家族。
漁師の父親は仕事で家に不在がち。10歳上の姉は、中学を出て愛知県へ集団就職。
お兄さんは中学を出て、お父さんの船に乗った。だから、お母さんと二人で家にいて、
ひとりで漫画を読んで遊ぶ子供だった。
一家団欒みたいな記憶がほとんどない。
家族旅行の記憶もない、幼少期から孤独な子供時代だった。

学校では、友達はほとんどいなかった。(作らなかった)
自分だけ、高校に進学させてもらった。
漫画家として成功する30代までは、看板や、ちり紙交換、
ダスキン配達などの職業に就いた。

長崎の高校を出て、地元の看板屋で働いていた時、ひとりで東京へ行くことを決意。
『ごめん、明日、俺、もう東京に行くよ』と、前日に母に伝えた。
長崎にこのままいたらダメだと思った。
自由がどんどんなくなってしまう。
えびすさんは、長崎から逃げるように東京へ飛び出していった。

えびすさんは、『友達』って必要なのでしょうか?
と著書の中で書いています。
えびすさんの友達ということの考え方は、ちょっとかわっているけれど、
友達がいらない人も、いてもいいと思った。
みんなちがっていいんだから。

昔から、休日になると、ひとりで競艇に行って、映画館に行って、好きなご飯を食べて、
麻雀をやって家に帰るのが好きなことだと言う。
そうやってひとりで遊ぶことが楽しかった。
孤独感など、いつもひとりでいても感じたことなどなかった。

そんなある日、大好きな競艇に行っても楽しいと思えなくなった。
それは、外でひとり遊んで家に帰ってきても、そこには
いつもいたはずの妻がいなかったから。
競艇で大きく負けて帰って、怒る人がいなくなった。
30年連れ添った妻の死は、えびすさんにとって、自分の中の一部が
もぎ取られたような喪失感だった。
(51歳で、奥さんは肺高血圧症で亡くなりました。)
えびすさんはそのとき、人生で初めて『孤独』と言うものを知った。
子どもの子育ては、ほとんど妻任せだった。
「子供より妻が大事」、そう言い切るえびすさん。


今、えびすさんは、ひとりぼっちが楽しめるのは、二人目の奥さんがいるからだと言う。
「愛する人がいるからこそ、僕は安心してひとりぼっちでいられる。」

ひとりでいることが好きだけど、ほんとはひとりぼっちじゃない。
自分のやりたいことをするために、群れの一員にならないように、
自分に正直に生きてきた。
テレビに出るたびに、非難されていた時代もあった。
それでも、ぶれずに自分を変えずに生きてきた。

えびすさんの生き方、いろいろな見方があるかもしれないが、
「群れないで生きてきた」えびすさんに、本を読みながら、
「うんうん」と共感することがたくさん詰まった、すごくおもしろい本でした。
なんか読んだ後、朝、顔を洗った時のようにすっきりした気持ちのような・・・。
by cafe_delmar | 2015-02-13 07:25 | デルマー前:波情報