人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
難しい経済本より、価値ある子供向けの本
8:00am・・今日の波/ヒザモモ・曇り

カフェ、今日も元気に営業しています。
昨日、ランチのお客さんが引いてから海に入水。
波は、ヒザコシでのんびり楽しめる波。風が吹いていないから、全然寒くない。
春が近づいてきていることを、海の中で感じました。

去年の秋、小学校の鳴り砂マラソンで1位になった悠人。
走るのが早いのは、真樹ちゃんに似たようです。
難しい経済本より、価値ある子供向けの本_f0009169_845344.jpg


著者:ボード・シェーファー 発行:草思社
難しい経済本より、価値ある子供向けの本_f0009169_8452259.jpg

難しい経済本より、価値ある子供向けの本_f0009169_8454898.jpg

難しい経済本より、価値ある子供向けの本_f0009169_84622.jpg


フランスの経済学者、トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本』が
売れているそうだ。価格は、5,940円もする。
内容は、労働所得と、資産家の資産の格差の仕組みの解説だ。
少し前に、テレビでこの分厚い本の内容を1分間でわかりやすく説明していた
教育学者の斉藤孝さん。ほんとに頭の良い人は、難しい内容をわかりやすく説明するのが
上手いんだなと感心しました。

経済の本ではないですが、ピケティの本より、僕のような凡人が読むと役立つ本があります。
子供が読んでもわかるような内容です。
マネーと言う名前の犬が、11歳の少女キーラにお金との付き合い方を教えます。
犬と少女の物語です。
お金との付き合い方は学校では教えてくれません。
だから、悠人に小学校を卒業する前に読んでもらいました。
どれだけ理解したかはわからないけれど、少しでもお金のことを
学んでもらえればと思います。
by cafe_delmar | 2015-02-25 08:51 | デルマー前:波情報