ブログトップ | ログイン
人間の信用は、お金の使い方でわかる。
6:00am・・今日の波/ヒザこし・曇り
西うねりが上がり始めてきました。

カフェ、今日も元気に営業しています。
オープンは、朝8時50分からです。

今週の土曜日は、悠人の青谷中学校の運動会があります。
お店は営業しますが、僕と春樹は運動会へ行く予定です。

f0009169_6344223.jpg


9月の読書
f0009169_6354582.jpg


サーフィンスクールに参加されて、サーフィンを続けようと思い、
サーフボードやウエットを僕のお店で買おうとする人がいます。
そんな人の中で、長くお付き合いしている人は、信用のある人ばかりです。
ウソをつかない人です。
だから、長くお付き合いしています。

信用のできない人とは、誰でも長くお付き合いできません。
信用できない人というのは、つねに安いところを探している人です。
あっちの方が安いと思えば、すぐに安い方を選ぶ人です。
いつも天秤にかける人です。

作家の中谷彰宏さんの著書「ファーストクラスに乗る人のお金」には、
僕のそんな思いと同じことが書かれていました。

その本の中にはこんなことが書いていました。

八百屋さんで「スーパーに行ったら、もっと安いよ」と言う人は、
愛されなくなります。

そうです。
安いことばかり探している人は、お店の人から愛されることはありません。
それがわからない人が多い。
そんな人は、どんなお店でも愛される人にはならない。
良いサービスを受けられる人とは、お店の人に愛される人です。

八百屋さんで120円のキュウリがスーパーで98円で売っていたから、
スーパーで買う。
そんな人は、八百屋さんからも愛されないが、スーパーからも愛されません。
スーパーは、誰が買っても、その人を愛さないからです。
ロボットが買っても、人間が買っても、スーパーはレジにお金が入るだけです。
そこに、人情や人づきあいという感情は、レジには入りません。

でも、個人商店の八百屋さんはちがいます。
店主が、買う人の顔を見て、人として買う人を
相手にしているからです。

大阪に住んでいた頃、当時ユウトが産まれてから2歳ぐらいの頃です。
自宅から歩いて行ける近くのショッピングセンターに、
休日によく夕食の材料を買いに行きました。
その中には、大きなスーパーと専門店がありました。
僕たち夫婦は、その中の専門店のお漬物屋さんとお肉屋さん、
魚屋さんでよく買い物をしました。
そのお店の人とは、みんな顔なじみになりました。
魚屋さんは、悠との誕生日におもちゃをプレゼントしてくれました。
お漬物屋さんは、赤ちゃんのユウトをよく抱っこしてくれました。
ただ食材を買うだけの関係ではなく、人と人との交流がありました。
もう10年以上前の懐かしい思い出です。

どこで買っても同じだと思う人は、誰にも愛されません。
安く買えて、自分だけ得したと思っています。
人にとって大事な信用を失っていることに気づきません。

自分が得するお金を大事にするか、人間の信用関係を大切にするか。
どちらでもいいかもしれない。
ただ、僕は信用を大切にする人と長く付き合いたい。
安いことばかり探す人とは付き合わない。

中谷彰宏さんの本を読んで、あらためて心の中に思っていることが、
はっきりとわかりました。
by cafe_delmar | 2015-09-02 06:40 | デルマー前:波情報