人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
お酒の飲み方がわからなかった頃。
7:00am・・今日の波/コシ・曇り
サイズは下がりましたが、うねりは整っています。

カフェ、今日も元気に営業しています。
オープンは、朝8時50分からです。
(明日14日(月曜)は、カフェの定休日です)

カフェ入口のイーゼルを新しくしました。
お酒の飲み方がわからなかった頃。_f0009169_755754.jpg


リーシュが切れたり、忘れたりする人がときどき買いにきます。
リーシュは2年ぐらい使うと切れやすくなります。(切れる前に交換してください)
ショート、ファン、ロングボード用の3タイプを置いています。
お酒の飲み方がわからなかった頃。_f0009169_7553560.jpg


らもさんの本の続きです。

作家の中島らもさんが、大学を出て会社勤めを始めた会社
の社長が大酒飲みで、毎日、仕事が終わると社員の誰かが
社長のお供をして、飲みに連れていかれた。
その会社では、らもさんが一番お酒が飲めたので、よくお供に指名された。
週に3回は、社内接待だ。

ふだん飲んでいた安い酒ではなく、社長が行くお店は、割烹で懐石料理、
それから北新地のクラブへ。
社長を前にして、盃が乾かぬようにお酌をし、説教を聞き、
ご機嫌をとって夜を過ごした。

どんなにいい料理も、紙を喰っているような味、レミー・マルタン
のような高いお酒もうまいと思えなかった。
(中島らも、エッセイ・コレクションより抜粋)

僕もサラリーマンのとき、らもさんと同じような経験をしたことが何度かある。
上司や社長の接待、お供で飲みに連れて行かれた。
自分のお金ではいけないようなお店や料理を食べて、お酒を飲んだ。

らもさんと同じだ。
ぼくも、うまい酒ではなかった。

20代の時はお金がなかったから、会社や他人のお金で飲めるのが
うれしいと思う時もあった。
そんなお酒の席を何度も行ってわかった。
タダで飲める酒は、できるだけ飲みに行かない方がいいね。
うまい酒が飲みたいなら、自分が選んだ相手がいい。
安いお酒でも、自分でちゃんとお金を払って飲む酒はうまい。
by cafe_delmar | 2015-09-13 08:03 | デルマー前:波情報