人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
学ぶ人ほど、稼ぐ力がついてくる。
8:00am・・今日の波/アタマ・晴れ

カフェ、今日も元気に営業しています。
オープンは、朝8時50分からです。
☆お知らせ
27日(土曜)は、親子グルメスイーツがあり、真樹ちゃんが講師のため、
カフェはお休みさせていただきます。

今回の受け付けは終了しています。
学ぶ人ほど、稼ぐ力がついてくる。_f0009169_8561810.jpg


前回(12月の)のグルメスイーツ講座の様子
学ぶ人ほど、稼ぐ力がついてくる。_f0009169_857383.jpg


学ぶ人ほど、稼ぐ力がついてくる。_f0009169_8572398.jpg

学ぶ人ほど、稼ぐ力がついてくる。_f0009169_857394.jpg


たくさんの本を読んでいると、いろいろなことが学べます。
最近、僕の価値観を変えた本は、出口治明氏の
「人生をおもしろくする 本物の教養」
発行:幻冬舎新書です。

その本の中で、領土をめぐる問題の概念について、陸続きの
ヨーロッパでは、「固有の領土」という概念が日本とは違うと
書かれていました。

近代のドイツは、プロセインが発祥の地ですが、その首都は、
現在ロシア領にあり、その他の地域はポーランド領にあります。
また、トルコ共和国の発祥の地は現在のモンゴル高原ですが、
トルコ人は、モンゴル高原を固有の領土などとは呼びません。
つまり、ヨーロッパでは、『固有の領土』という概念は
存在しないのです。

戦争で負けて、領土をとられてしまったら、
もうどうしようもないのです。
ローマ帝国時代から戦争ばかりで、陸続きのヨーロッパの概念と
島国で戦争がそれほどなかった日本とは、
全く違う価値観なのです。

このことを、学校で歴史の事柄だけじゃなくて、
概念の違いがあるということも学ばないといけない。

それは、商売にも言えることだと思います。

お客様の立場でいつも考えることができるか。
自分の立場でしか物事を考えることができなかったら、
稼げないのです。
早く食べたいと思う人がレストランにきたら、
いちばん早く出せるメニューを教えてあげる。
お店のおすすめメニューの、
時間がかかるものではないのです。

国の領土の歴史観から、それぞれの立場の違いを、
ビジネスの場面でも考えることができました。

「勉強とは、考えることができる立場の数だ。
考える立場の数だけ、稼げる」
参考文献
著者:中谷彰宏 
「学びをお金に換える勉強」
by cafe_delmar | 2016-02-25 09:01 | デルマー前:波情報