ブログトップ | ログイン
リーダーは、『精神』だけを語ってはいけないと教えてくれた本。
9:00am・今日の波/ヒザモモ・晴れ&くもり
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

f0009169_09522152.jpg
昨日はトマトカレーの注文がありました。リコピンたっぷり!
f0009169_09523569.jpg
今月の読書
f0009169_09485184.jpg

74年前(1944年)、北海道出身の21歳の若者、佐々木友次は

陸軍の第1回特攻隊に選ばれました。

九九式双発軽爆撃機に800キロの爆弾をくくりつけて、

敵艦(アメリカ軍)に体当たりするものでした。

それでも、佐々木友次は9回出撃して、体当たりしろという上官の命令に

抗い、爆弾を落として9回生きて帰ってきた。

わずか74年前に、若い人命を消耗品と考えた特攻作戦があった。

著者の鴻上尚史は、今の社会も人を消耗品と考える世間があるという。

特攻隊のこと、佐々木友次さんの生き方を知ることで、本当の戦争が

僕は少しわかったような気がしました。

ただ飛行機に乗ることが好きだった若者が、なぜ体当たりして

死ななければならなかったのか。

絶対的な権力を持つ上官の命令に背いてまで生きることを選んだ佐々木友次は

どんな人だったのか。

心が熱くなる本でした。

『不死身の特攻兵』

軍神はなぜ上官に反抗したか 

発行:講談社現代新書  著者 鴻上尚史



by cafe_delmar | 2018-01-21 09:57 | デルマー前:波情報