ブログトップ | ログイン
50歳を超えて、失ってしまったと思うこと。
9:00am・今日の波/フラット・雨
カフェ、本日(月曜)は定休日です。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

昨日は久しぶりにブログを書けませんでした。
朝7時から仕事が始まり、お店の営業が終わって、カレーの仕込作業が完了したのは夜11時でした。
さすがに、もう疲れてパソコンを開く余力が残っていなかった。
ランチタイムの忙しさが終わって、夕方に1時間半だけ海に入りました。
海の中は、僕ともう一人のサーファーさんだけの二人きり。
たまに入るセットの腰波を楽しめました。
サーフグローブなしで入ると、初めは手が冷たいですね。
寒がりの人は、まだグローブした方がいいかな。

僕と入れ違いに海から上がっていたのは、デルマーの仲間の女性二人。
30代の女性です。
冷たい冬の海でもサーフィンを楽しむ二人。
やらない人には、冬の海に入るの?
とびっくりされますが、好きなことはそれほど大変ではないんです。
ようは、本気で好きがどうか、やりたいことかどうかです。

昨日のお昼は、悠とが洗い場を手伝ってくれました。スタッフのハルト君と。

f0009169_10233688.jpg

30年以上前の初夏のころ。

逗子の海岸で、ひとり昼間からビールを飲んでいた時だ。

ぼんやりと海を見ていた。

隣にいた、海を見ていた老人が指差したのは、木造2階建ての古いホテル。


「家賃が高そうだ。金があまりなくて」


「金なんか大丈夫。まあ泊まってみなさい」


たったそれだけの会話で、私はそのホテルに7年半という歳月、世話になった。

東京を離れ、人生をやり直す場所を探していた男に

声をかけてきた老人は、ホテルの支配人だった。

男がやっと仕事をするようになると、その老人は男にいつもこう言った。


「損、得で仕事を選んじゃ淋しい人生になりますからね。


おおらかが一番イイ」



このエッセイは、『いろいろあった人へ』伊集院静著 講談社

の中の一文です。



この話を読んで、『あー、まっとうな人の生き方を教えてくれる

時期はもう過ぎてしまったのか』と思いました。

なぜかと言うと、僕は55歳です。

2030代の人には、5060代の良い大人が、ホテルの支配人のように、

人の生き方のヒントを教えてくれる場合がある。

ただ、もう50を過ぎたおっさんに、「お前な、こうした方がいいよ」というような

人生の教えみたいなことを言ってくれる人はいないだろう。


「おおらかに生きなさい」


僕にもそう言ってくれる人が欲しかったなぁ。

今の僕は、自分の子供に「おおらかに生きろ」と教える側に

なったのかもしれません。

ただ、まだ僕自身、おおらかに生きていないので教える人でもない気がします。


f0009169_23405311.jpg



by cafe_delmar | 2018-03-19 10:27 | デルマー前:波情報