ブログトップ | ログイン
職業には寿命があるかもしれないが、生きがいに終わりはない。

9:00・今日の波/ヒザこし・曇り
カフェ、今日も元気に営業しています。

お知らせ
ゴールデンウィークのペンションの予約が入りだしています。
泊まりを予定している方は、早めに予約のご連絡を!!


カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

テイクアウトのタコスサラダ。お弁当のセットで付ける場合があります。

f0009169_09583304.jpg
公文の帰りを迎えに行った春樹。

f0009169_09580811.jpg
f0009169_09582202.jpg
今日、早朝からロングボードで波に乗る50代のMさん。

f0009169_09571217.jpg

f0009169_23313707.jpg

f0009169_10091667.jpg

芸人で絵本作家の西野アキヒロは、著書『革命のファンファーレ』にこう書いていた。

「職業に寿命がある」

職業そのものがなくなっていく時代に突入したと。

たとえば、ガソリンスタンド、本屋がどんどん潰れていった。

ガソリンスタンドの仕事や書店の仕事が減少した。

僕が20代の頃は、広告を作るのに版下デザイナーさんがいた。

まだ、アップルのMAC(パソコン)がない時代だ。

だが、もう広告を作るのに、ハサミやカッターを使って広告などの

印刷物を制作するデザイナーはいない。

アメリカの投資銀行の最大手のゴールドマン・サックス(GS)は、2017年に

600人いたトレーダーをAIに置き換え、トレーダーは今2人しかいない。

多くのトレーダーが、年収数千万円の仕事を失った。

今、一つの仕事にこだわり続けていたら、いつビジネスモデルが新しい何かに

とって変わられるかわからなくなっている。

仕事を掛け持ちするのが当たり前になってくるのか。

種子島の旅館で出会った、千葉県から一人旅をしていた68歳の男性。

元公務員で65歳まで仕事をしていたから、今はお金に余裕のある年金暮らし。

老後を心配しないで暮らす、うまくいった職業人生だったと思います。

ただ、その男性(Oさん)はこう言っていた。

仕事や、やることがなくなるとつまらないと。

今は報酬は少なくていいから、誰かの役に立つような仕事がしたいそうです。

定年になる前に自分の職業が消える場合もあるし、定年になってからは、

仕事に就けなくなり、生きがいがなくなる場合もある。

たしか、漫画家の西原理恵子さんが著書に書いていたと思うのですが、

『働くことが生きることだと』

側(はた)を楽にしてあげるとは、誰かのために役立つこと。

それが生きがいにつながるから、働くことが生きることになるんだな。

みんな誰かのために自分が役立っていると思うと、幸せな気持ちになれる。

毎日が日曜日なるとつまらないのは、誰かに必要とされる自分が消えて

しまったからだ。

カフェデルマーには、僕に話を聞いてもらいたくて週に5日お店に

お茶を飲みに来てくれる人がいたり、僕のサーフィンスクールを受けて、

40代からずっと楽しめる遊び(波乗り)ができましたと喜んでくれる人がいます。

誰かのために、少しは役立つことができていることを実感しています。

そんなわけで、今日も明日も僕は働き続けます。


中古ボードまだあります。詳しくはマスターまで。
f0009169_09590067.jpg
f0009169_09591370.jpg


by cafe_delmar | 2018-04-17 10:14 | デルマー前:波情報