ブログトップ | ログイン
「思い」をなくしていかないと、ラクに生きれないのか。
8:00・今日の波/フラット・晴れ
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。☆大人のサーフィンスクール、受付中。
(11月初旬まで)2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)スクールのときは、
温水シャワーが無料で使えます。波がないときは、無料キャンセルできます。
サーフィンスクールは40歳以上の方、大歓迎
レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、
日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。
☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

悠とが小学生の頃に行った家族旅行
f0009169_08375612.jpg
f0009169_08391543.jpg
f0009169_08423314.jpg
f0009169_08430004.jpg
f0009169_08432838.jpg
たくさん寝ると、子供はいつの間にか大人に近づいているんですね。
f0009169_08331183.jpg

思い通りにならないことは、よくあることです。

ただ、自分の子供にたいしては、それが我慢できないことがあります。

子育てしている親なら、それがわかると思います。

何度言っても、子供がいうことを聞かないことがあります。

そんなことで悩んでいたら、楽になる方法があることに気づきました。

子どもが『いうことを聞かなくてもいい』と思うようにすればいいんだと。

言いたいことは言うけれど、『いうことも聞かなくても構わない』

そう思えば、怒らないで済むんだと。

僕はこれまでたくさんの自己啓発書を読んできました。

そんな本の多くに書いていた共通の言葉。

『人は変えることはむずかしいが、自分はすぐに変えられる』

そうだ、自分を変えていくしかないんだと。

部屋のかたずけをしないでゲームばかりしている子供に、部屋の掃除、

整理整頓をしろと言って聞かなくても、良いんだと思えるようになろう。

自分の思い通りに人(子供)がいうことを聞かなくても、それでいいんだと

思えるようになる。

自分の思いをなくすことが必要だと。

思い通りにならなくて当たり前。

いくら自分の子供でも、人は人なんだ。

自分の思うように変わってくれることを『思わない』ようにする。

その言葉を毎日忘れないようにしたいと誓う、5月の晴れた金曜日でした。

参照

「ありがとうの神様」 小林正観 著  発行:ダイヤモンド社

f0009169_08323368.jpg

あとがき

考えてみれば、自分が高校生の頃、親の言うことを素直に聞く子供じゃなかった。

自分ができていなかったことを教える方がバカだ。

僕がほんとうに親に感謝できるようになったのは、30歳を過ぎてからだった。

さぁ、「思い」をなくして、今日も仕事しよう。

それがラクに生きる道だから。




by cafe_delmar | 2018-05-12 08:51 | デルマー前:波情報