ブログトップ | ログイン
自分のレベルを過信するのが人間なんです。
9:00・今日の波/クローズ・曇り・冷たい北風が吹いて、海は荒れています。
カフェ、今日も元気に営業しています。
お知らせ
明日20日(日曜日)は、子供の運動会の為、休ませていただきます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。☆大人のサーフィンスクール、受付中。
(11月初旬まで)2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)スクールのときは、
温水シャワーが無料で使えます。波がないときは、無料キャンセルできます。
サーフィンスクールは40歳以上の方、大歓迎
レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、
日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。
☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

小学生の頃の悠との波乗り。中学生になってから、あまり海に入らなくなりました。
4月から高校生になった悠と、部活はサッカー部に入り、またサッカーを始めました。
f0009169_09163455.jpg
f0009169_09173757.jpg
ショートボードには乗らず、いつも楽に波に乗れるファンボードばかりで、波乗りを楽しんでいたユウト。
f0009169_09164781.jpg

僕が波乗りを始めたのは、36年前です。

その頃は、大阪のサーフショップでボードを買うしかなかったのですが、

お店にはショートボードしか置いていませんでした。

初心者も、ショートから始めるのが当たり前の時代でした。

当時は、ショートボード(プロが使う競技用(コンテスト用ボード)を、

一般人もふつうに使うものだと広く認識されていました。

今考えると、おかしなことだ気づきます。

毎日のように海に入るプロサーファーと、週に一度や二度しか海に入れない

休日サーファーが、プロ仕様の短いボードを使っても、簡単には乗りこなせません。

休日に楽しくサーフィンをするためには、一般レベルの人向けに作られたボードを

選ぶのが、より波乗りを楽しむコツだと思います。

さいわい、今の時代は一般人向けの乗りやすいボードがたくさん作られるようになり、

販売されています。また、壊れにくくて長持ちするサーフボード(サーフテック)

などの新素材ボードもいくつか作られるようになりました。

選択肢が増えて、ボードの価格も高品質でも低価格の種類が多くなり、

36年前に比べると、これからサーフィンを始める人にとても良い時代になっています。

あとは、自分に合うボードの選択さえ間違わなければ、早く波乗りを楽しむことが

できますね。

サーフボードを選ぶ時のコツがあります。

それは、自分のレベルを過信しないで、謙虚に乗りやすいボードを選ぶこと。

20代の時に、プロ仕様のボードばかり乗って、なかなか上達しなかった僕の

経験と反省を踏まえて言わせていただきます。

自分が思っているほど、たいしてサーフィンは上手くないと思った方がいい。

ビデオで自分のライディングを撮影してもらうとすぐわかります。

プロの技術とあまりにも違うということが。

でも、それが当たり前なんです。

多くの休日サーファーは、コンテストで勝つためにサーフィンを

しているんじゃない。

自然を感じて、気持ちよく波に乗って楽しみたいから。

仲間と波に乗るおもしろさを共有したいから。

それだけでじゅうぶん幸せだと思える、そんなふうに僕は感じています。




初心者には、ボードが壊れにくく、長く使えるサーフテックが価格も手ごろでお勧めだと思います。
2本目から、フォームのボードで自分のオリジナルボードを作るのが良い。
f0009169_09182842.jpg
f0009169_09183981.jpg
タカヤマモデルのロングボードは、40歳以上の方にお勧めです。

デルマーで、サーフテックのボードは購入できますよ。


by cafe_delmar | 2018-05-19 09:32 | デルマー前:波情報