人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
あきらめない生き方とは
6:30am・・・・今日の波/ひざ下・晴れ
        南西うねりが少し反応しています。

最近、カフェで出会ったある高校の先生Mさんから、
『卒業してゆく生徒たちの多くが、どうせ自分は・・・・だから』と
人生をあきらめている生徒が多いと聞かされた。
Mさんは、『うちの高校は、進学校でもないから、先が見えていると生徒が思うからだと
推測するのですが』と。
そんな生徒たちに『もっと夢を持ってほしい。あきらめないで生きる気持ちを持ってもらいたい
と考えているんですが、マスター、どうすればいいでしょうか』と相談された。

いきなりすごい相談だ!
そこで、ちょっと考えてみた。

あきらめない生き方の最大の障害とは。

恐怖心

それは、人が何かを達成しようと思うときに、『もし、うまくいかなかったらどうしよう』など。
自分の心が生み出す、『恐怖心』という幻想です。

M先生から、『カフェ(お店)を始めるのに、恐怖心はなかったのですか?』と聞かれた。
もちろん、僕にも恐怖心はあった。
もし、お客さんが来なかったら・・・。
そんなことを考えると、なかなか眠れない日もあった。

しかし、何かを達成しようと思ったら、その恐怖心という障害を越える勇気を
持たなくてはいけない。
僕には、その勇気が少しだけあった。
又、良きパートナー(真樹ちゃん)がいたから、くじけずにすんだ。
そして、自分の夢を実現したいという強い気持ちがあった。
ただそれだけ。
別にいい学校も出ていない、頭も良くない僕が、今こうしてお店を続けていけるのも、
自分のやりたいことを実現したい、そのための努力(行動)をやり続けたからだと思います。
又、周りの多くの人に助けられたことも、あきらめない気持ちを持ち続ける、大きな要因でした。

お店をOPEN した初めての冬は、お客さんも少なく、時間があれば、
自分で作ったチラシをコピーして、
青谷町内を自分でポスティングして回ったりもしました。
雪の中、手がかじかんでチラシがうまくつかめなかったりして。
でも、それがしんどいとか全然思わなかった。
好きなことを続けるために、自分にできることはすべてやるつもりでいたから。

あきらめない生き方をするには。
とにかく、自分の情熱をすべて出し切って、目標に向かうことなんじゃないでしょうか。
やる前から結果を先に考えても仕方ない。
自分のやれることすべてを出し切ったら、結果はもう気にならないはずだ。

挑戦する勇気を持ち続ける。
それがあきらめない生き方の第一歩だと、僕は思います。

前に紹介した、岡野工業の岡野さんは、小学校しか出ていない。
だが、彼の会社(従業員6人)のところへは、一流大学を出て、大企業で働いている人が、
岡野さんに頭を下げて、仕事を頼みに来る。
なんでか。
岡野さんは、人にできないことをやって、認められているから。
学歴なんて、いっぱい持っている人はいる。
大企業で働いて、人に言われたことをやっているだけの人間はいくらでもいる。
だが、岡野さんのように、他人がマネできない技術や感性を持っている人は少ない。
そんな、岡野さんのような人に近づけたら、学歴なんて気にしないで
生きていけるんじゃないだろうか。

『どうせ自分は・・・だから』と思っている人も、
好きなプロ野球チーム、好きなサッカーチームや選手、ミュージシャンを応援するでしょ。
じゃあ、何で、自分を応援しないの。
他人の夢ばかり応援して、一番好きな自分を応援しないで、誰がするの。
他人を応援するのは楽だ。
だが、自分を応援するのは、しんどいから?

あきらめない生き方は楽してはできない。
サラリーマンなら、会社の仕事が終わったら、自分のための仕事(勉強)を
しないと、夢の実現にはたどりつけない。
会社の時間が終わったら、自分のために働かなくては、自分を成長させることはむずかしい。
会社のために働くのと、自分のために働くのは、全然違う。
それを実行できるかどうか、すべては自分の選択次第だ。
by cafe_delmar | 2008-07-04 06:51 | デルマー前:波情報