ブログトップ | ログイン
2012年 02月 20日 ( 1 )
清志郎さん、あんた、カッコよすぎるよ。
7:00am・・・・今日の波/ヒザこし・晴れ
昨日の朝も2時間ほど雪かき。
しばらく、雪、見たいくないなぁ。
ちょっと、腰が痛くなりました。(>_<)
☆カフェは今日も元気に営業します。

             春樹は雪遊びが大好き
f0009169_785985.jpg


ゆうとは駐車場の雪かきを手伝ってくれました。
f0009169_793446.jpg

20年以上前、ロックミュージシャンの忌野清志朗さんが歌った曲があります。
8月6日の原爆の日に合わせて発売する予定でした。
しかし、彼らの所属するレコード会社、東芝EMIから発売を拒否されました。
なぜか?
親会社の東芝は原子力発電所建設の大手建設会社のひとつだった。
答えはわかるでしょ。
レコード会社、放送局を敵にまわしてまで、自分の歌いたい歌を歌った清志朗さん。

あれから20年以上たって、俳優、山本太郎が反原発を宣言。
東京電力の対メディア広告費だけで200億円は超える。
電力会社全10社では860億円、日本最大の広告主である。
ということは、テレビ局の大スポンサー。
今、主要テレビ局の仕事はほぼなくなった山本太郎。
清志朗さんと同じだ。

オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: 忌野清志郎

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、

今、日本で動いている原発は2基か3基。
ほとんどが動いていなくても、停電にもならない。
清志朗さん,あなたの言ったことは正しかったよ。
そう20年以上前に。
彼は真実を知っていた。
そして、自分が正しいと思うことをまっすぐに歌った。
権力にすり寄らない男だった。
カッコ良すぎるよ、清志朗さん。
もうライブにいけないのが・・・・さみしいよ。
本物の寿命は短いのか。
by cafe_delmar | 2012-02-20 07:15 | デルマー前:波情報