ブログトップ | ログイン
2018年 01月 23日 ( 1 )
本を読むサーファーが僕は好きだな。
夕方の波/クローズ・曇り

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

f0009169_20590425.jpg
f0009169_13593867.jpg

先週の日曜日、熊本出身のサーファーのO君が、

お正月に帰省した時に買って来てくれたお土産を

持って、奥さんとお店に寄ってくれました。

話をしていると、僕が読んでいらなくなった本を1円レンタルで

お店に置いていた本の話になった。

伊集院静の小説を前にお店に来たとき1冊持って帰り、

海に入る前に読んだら、海の中で波待ちしているときに

なんだか切ない気持ちになったという。

伊集院静の小説を僕はずっと読んできた。

その小説を読むと、人の哀しみが伝わってくる。

だからといって、悲しい話ばかりじゃない。

「良し、明日からまた生きていこうか」と背中を

押してくれる時もある。

その伊集院静の小説の世界に共感してくれたO君。

僕のまわりのサーファーで、そう思ってくれる人は

めったにいないので、うれしかった。

サーファーの友だちを増やしたいとは思わないけど、

小説が好きな人とは、これからも友だちになりたいと少しは思います。

たぶん僕は、波乗りじゃなくて、小説を読む方が好きなの

かもしれません。



by cafe_delmar | 2018-01-23 21:03 | デルマー前:波情報