ブログトップ | ログイン
2018年 01月 29日 ( 2 )
大人のサーフィンを手軽に楽しみたい方のお勧めサーフボードとは

BICのPAINTモデルのソフトボード6’0に乗る春樹。

13年間、初心者の方にサーフィンスクールをやりつづけて気づいたことがあります。

それは、中級者が乗るボードと、これから始める人の乗りやすいボードは違う

ということです。


PAINTモデルは、40才以上の方で、これからサーフィンを始めたい人に、

すごく乗りやすいボードです。

ときどき海に行って、簡単に波に乗れるボードを探している方にも

お勧めします。

ソフトボードモデルのPAINTは、価格も3万円台から4万円台と、お手ごろに買えます。

f0009169_16355014.jpg


浮力が高いので体重の重い人も楽に波に乗れるし、パドルの筋力が弱い人も

ボードを早く進めることができます。

小さな波では、薄いショートボードより、超ロングライドが楽しめます。

また、小・中学生の子供にプレゼントしたいボードなら、

56169cm)もしくは、60184cm)のサイズがお勧めです。

フィンもソフトタイプなので、通常の固いフィンに比べて安全性が高く、

お子様でも安心してボードを使えます。、

BICサーフボード早期予約特典がお得!
BICより、2018年モデルのカタログが届きました。

2018年、新モデルのBICサーフボードを2月末までに

予約された方には、リーシュコード(約¥4,500円相当)とサーフワックス3

を無料でお付けします。(PAINTモデル)は対象外です。

尚、ソフトボードモデル(PAINT)をご注文の方には、、ウエットシャンプー1本を

無料でお付けします。

特典は、228日までのオーダー(予約)の方に限ります。

納期は各モデルで多少ずれますが、4月から予定しています。

(詳しくは、3月に案内できると思います)

中級レベルの方にお勧めのボードです。

f0009169_16364182.jpg
f0009169_16372852.jpg
f0009169_16370067.jpg
このビーンモデルは、僕も1年前から使っています。小波の時にすごく乗りやすいボードです。トライフィン&クアッドフィンの両方の乗り方が楽しめます。
しかも価格がお手ごろ。¥75,000-(税抜き)です。



by cafe_delmar | 2018-01-29 16:59 | デルマー前:波情報
足りない何かを埋めてくれた女性に出会った友人
12:00pm・今日の波/アタマ・雪&曇り
カフェ、今日も元気に営業しています。
お知らせ
今週は、31日(水曜)に休みます。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

朝カレーうどんには、トーストが1枚無料で付きますよ。

f0009169_12150454.jpg
今日の登校は雪がかなり融けていたけど、滑りやすくて危なかった。
f0009169_12143139.jpg
お店の駐車場の雪も、かなり融けました。
f0009169_12140899.jpg
昨日は雪の中、常連さんがいつもの大盛りエビフライカレー、チーズトッピングを食べに来てくれました。
f0009169_12153949.jpg
f0009169_12161881.jpg

もう25年以上も前の話だけど。

20代の僕が大阪の広告制作会社でサラリーマンをしていた時、

仲よくしていた同世代の同僚がいました。

仕事が終わり、毎晩のように会社の近くの安い居酒屋へ飲みに行っていた。

そんな日が数年続いていた時、急に飲みに誘っても来なくなった。

仕事が終わると、まっすぐ家に帰っていった。


離婚した同僚は、しばらくは一人だったが、その後再婚しました。

毎晩のように僕と飲んでいたのは、前の結婚生活の時だった。

再婚してからの同僚は、まっすぐ家に帰り、家で飲むようになった。


こんな昔のことを思いだしたのは、伊集院静の本『あづま橋』を

読み返したからだ。

そこには、こう書かれていた。

「酒場でしか酒を飲めない人間は、どこかで何か足りないものを

埋めようとして止まり木にとまるのだから・・・」


まっすぐ家に帰るようになった同僚は、新しい女性(奥さん)との間で、

足りない何かを埋めることができるようになったんだろう。

いつまでも何か足りないと思っていた僕は、まっすぐ帰ることは

できなかった。

安いお酒を飲んでは、小説ばかり読んでいたサラリーマンでした。

f0009169_12223066.jpg
f0009169_12230078.jpg




by cafe_delmar | 2018-01-29 12:24 | デルマー前:波情報