ブログトップ | ログイン
2018年 02月 03日 ( 1 )
ジーパンは501だった高校生
14:00・今日の波/アタマ前後・曇り&雨
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。
☆大人のサーフィンスクール、受付中。(11月初旬まで)
2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)
スクールのときは、温水シャワーが無料で使えます。
波がないときは、無料キャンセルできます。

40歳以上の方、大歓迎。レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)
リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。

☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。

f0009169_15020950.jpg
フルカウントは創業26年、続いていました。
f0009169_14594640.jpg

僕が高校生の頃、毎日のように穿いていたジーンズは,リーバイスの501

1980年ごろは、ジーパンと言えばリーバイスの時代だった。

当時、大阪のアメリカ村にはたくさんの古着屋があって人気があった

僕もそんな中の古着屋さんで、リーバイスの501を買って穿いていた。

90年代になると、大阪ではカモメマークのエヴィスのジーンズが流行った。

他にも、フルカウントとか、幾つかの国産デニムブランドがブームになった。

そんなデニム(ジーンズ)のほとんどは、2万円以上もする高い値段だったけど

かなり売れていましたね。

僕はジーンズに1万円以上払う考えは持たなかったので、1万円以内で買えた

リーバイスの501を買っていました。

90年代のデニムブームはとっくに終わっているようですが、流行ったブランドは、

まだ残っていると、先月読んだ朝日新聞の週末版の記事に掲載されていました。

2万円以上もするデニムの穿き心地は、僕が買っている1万円以下のデニムとは

どれだけ違うのだろうか。

試してみないとわからない。

5万円以上するウエットスーツは、割と簡単に買うのですが、

ジーンズに2万円以上払うのは、なかなかできない僕です。

あとがき

冬用のウエットスーツは、5万円と8万円のモデルでは、機能性がかなり違います。

やはり8万円のほうが、着ると温かいし、動きやすい。

違いがすぐに実感できます。

ジーンズもウエットスーツのように、違いがすぐに分かるのだろうか。

そう言えば、僕の友人もみんなほぼリーバイスだったので、

流行の国産デニムを誰も穿いていなかったなぁ。

あとがき2

デニムブームの頃のフルカウントは、全盛期の年商は20億円あった。

ブームが終わった後、売れ残ったたくさんの在庫と借金で、倒産の危機があり、

現在は年商5億になっているそうです。

f0009169_15003438.jpg
フルスーツのお買い得セールは、2月28日までです。
品質は、国産で高機能のマーヴィーさんです。



by cafe_delmar | 2018-02-03 15:09 | デルマー前:波情報