ブログトップ | ログイン
2018年 05月 29日 ( 1 )
ひとりでやらなくてもいいんだね
14:00・今日の波/フラット・曇り・波はありません
カフェ、今日も元気に営業しています。

カフェのオープンは、朝8時50分からです。
ラストオーダーは、18時30分ごろです。☆大人のサーフィンスクール、受付中。
(11月初旬まで)2018年は、4月中旬から再スタートします。
ひとりでも受付しています、気軽にどうぞ。(3日前までの予約制です)スクールのときは、
温水シャワーが無料で使えます。波がないときは、無料キャンセルできます。
サーフィンスクールは40歳以上の方、大歓迎
レンタルボード&レンタル・ウエットスーツもあります。
(ロングボード・ファンボード・ショートあります)リーシュ、サーフWAX、ビーチサンダル、
日焼け止めも置いています。
☆SUP(スタンドアップ・パドルボード)レンタルもあります。
☆ペンションは一組限定、和室で4人までお泊りできます。


昨日の休みのランチはこのお店へ。鳥取ですっごくはやっているカレーのお店。僕たちも席に座るまで並びました。
人気のあるお店と言うのは、こういうお店のことですね。自分のお店を振り返り、まだまだだな何かが足りないと
思ったランチでした。
f0009169_14280249.jpg
f0009169_14283267.jpg
6月の休み表です。4日(月)から7日(木)までの4日間、連休します。
ちょっとだけ愛加奈さんの島へ。
f0009169_14273561.jpg
f0009169_09061055.jpg

木皿泉の5年ぶりの小説、「さざなみのよる」を、昨日読み終わりました。

知っている人もいると思いますが、木皿泉という名前の作家はいません。

木皿泉というのは、現在65歳の和泉務さんと妻の妻鹿(めが)ときこさんの

共同ペンネームだからです。

夫婦でこれまで、いくつものテレビドラマの脚本を書いてきた二人。

小説も二人で書いてきた。

共同作業で仕事をしていくのがこの夫婦のスタイル。

絵本「えんとつ町のプペル」を書いた芸人の西野アキヒロは、この絵本を

ひとりではなく、35名のスタッフで書いて完成させた。

今までの絵本作家は、ひとつの物語をひとりで書き上げるのが常識だった。

また、絵本は1万部売れれば大成功が常識だった。

「えんとつ町のプペル」は、34万部も売れた。

小説も絵本も、何もひとりで完成させなくてもいい。

良い作品ができればいいんだから。

僕たち夫婦も、お店を二人で運営しています。

お互いが何か足りないことをフォローしあっていると思います。

一人では前に進めないことでも、二人なら、いやもっと5人なら

できるかもしれない。

ただね、一緒に前に進める人を見つけるのは簡単じゃない。

だからね、見つけた人はそれだけで、『けっこういい人生だったじゃん』

と末期がんで死ぬ前に思ったナスミ(享年43)のようになれる。

そんな気がします。

あとがき

今日はお店ですごくお世話になったKなちゃんの誕生日だ。

それから、40代からカッコいいサーファーになったKぎさんも

今日が誕生日。

二人へ送るメッセージは

「おんばざらだるまきりくそわか」

意味は、「さざなみのよる」に書いています。

あとがき2
2016年と2017年のお正月のドラマ、『富士ファミリー』をまた観たいと
思っていた僕には、この小説でまたみんな(富士ファミリー)と再会できた。
それだけで、この本を読む価値はあった。
ただ、もう読み終わったから、また会えなくなってしまったな。
まるで小説の中の人たちが、どこかにいるようなそんな本でした。


by cafe_delmar | 2018-05-29 14:38 | デルマー前:波情報